サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2016年07月30日

ボトムターンでもトップターンでも踏む

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html

踏んで
引きつけて
また踏む


ヒップバッカーの
後ろ足の動きです


ボトムターンで踏んで
トップに上がっていくあいだに
荷重を抜くようにひきつけて


トップターンでも踏んでいく


この動きが基本です
字にするととても簡単ですが
これを正確に丁寧にやるのは
とても難しいです


特にトップターンは
上のほうに踏んでいくイメージですので
いっそ難しいです


体や足が伸びきっていると
絶対に踏めません。


ところがトップターンでは
重力がそれをしようとします。


体を下に引っ張るので
板から体が離れ
伸びきってしまう


そうなると踏めません


トップターンで後ろ足を踏む前に
充分足を抱え込んでおかないと
いけないのです


どうすれば
そういう状態になれるかを
考えながら
体をつかいましょう


ボトムで踏んだら
板が土台となって
体が上に伸びます


上に伸びた時に
足を一気に抱え込むと
板は沈められた反発で
上にあがってきますが
それを邪魔しないことになります
10665683_732626253441421_3487825262645095379_n (1).jpg
切り替えで軸が移動して
ターンの内側に体がはいり
板と体が充分近い感じで
トップターンにはいれます


収縮したものを
しっかり踏んでいけば
いい感じに圧を感じ
板を踏んでいけます


このトップでも踏むという感覚が
自分のものになると
サーフィンはぐっとシンプルになります


右ターンで踏んで
切り替えで抱え込み
左ターンでも踏む


やっているのはこの3つだけってことになりますからね


ヒップバッカーの
オーウェンライトが
スケートでサーフィンのトレーニングをしている
動画です

facebookページにあります


https://www.facebook.com/hipbacker/posts/856440981059947


facebookページでも解説していますが
ボトムでプレッシャーを与えたあと
トップでも再びプレッシャーを加えるって
いってます


ボトムでもトップでも
踏むって感覚が強いですね


久しぶりにみましたが
この動画いいですね
違う部分もつかって
解説してみようと思います


踏んで
引きつけて
踏む


この繰り返しが
ヒップバッカーの
サーフィンです


極めましょう

追伸:

セミナーの案内や
マニュアル本発売のお知らせは
メルマガで
最初におこないます


興味がある人は
メルマガ登録おねがいします


登録しているのに
届かないという人は
迷惑メールフォルダーをみてみてください
月曜か火曜かたまに水曜になることもありますが
発行して以来8年間


1週も欠かすことなく配信しています
そういえばメルマガ届いていないなあと
心当たりのあるかた
迷惑メールフォルダーをみてください


もしそこにあったら
このメールは迷惑メールではないという
ボタンがあるので押してください


何回やっても
ちょこちょこ迷惑フォルダーにいくので
定期的におこなっていただければ
さいわいです


http://www.mag2.com/m/0000249855.html


追伸2

なんとか7月中に完成させたいと思っていた
マニュアル本の作成が大幅におくれています
体系化がおそろしく大変で
めんどくさいです


できるだけはやく
完成させますので
おまちいただいている
みなさま
いましばらく
おまちくださいませ


#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ





posted by 田地 悠平 at 13:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

このブログは前足にのりすぎて上達できない中級者のためのブログです

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


このブログには800以上の記事があり
メルマガは先週号が426号
facebookページもあるので
コンテンツの量は相当になっています。


前足にのりすぎて上達できない
前足荷重過剰症候群のひとたちが
後ろ足にものることができるようになり
やがてはきれいなボトムターンや
スプレー飛びまくりのトップターンを
見事に披露できるサーフィンを手に入れる
ための情報はほぼ全て網羅しています


ですが、その量の多さと
それが体系化されていないという点から
結局どうやったらいいのか
何から始めればいいのか
わからないという声も
いただいたりしております


まとめたものを作って欲しい
時系列化、体系化して欲しい
とのご要望はずっといただいています。


どれほどの方が
それを必要としているのかと
知りたくなり
メルマガの読者の方に
アンケートに協力していただいたのですが
実に100名をこえるかたが
必要だと答えてくださいました


しかも、それは、有料のコンテンツですよ
という風にしたにもかかわらずです。


ブログとかメルマガって
なにか気になったこととか
フと思いだしたこととかについて
書くだけなので
まだらくです。
よし、これかこうって
一気に書けばいいですからね


ところが
それを体系化しようとすると
とてもめんどくさくて
大変なのです


なのでご要望があるにも
かかわらず着手していなかったのですが、
やはり100名以上ともなると
お答えしないわけにはいかないと
やることにしました。


先月の中旬から
書き始めて
現在半分くらいまで
書き進めることができました
なんとか今月中に書き終え
秋のハイシーズン前に
上梓したいと思っています


とりあえず初版は100部つくります。
50部だと割高になり
200部だと在庫になる可能性があるので
とりあえず限定100部にしました


歩くテイクオフからはじめて
全てのベースとなる
4拍子のアップスを
手に入れるまでの
ものになると思います


ヒップバッカーになるために
基礎編


といったところでしょうか。
7月末くらいから先行予約を
はじめて


8月の末くらいにお届けするような
イメージで進めております
予定は変更になる可能性があるので
ご了承しただきたいのですが
そんな感じで進めていきます
興味あるかたは
ブログやメルマガや
facebookページを
チェックしておいてください


先日も海にいきましたが
まだまだ前足くんはいました


台風のうねりが届いている感じで
パワーのあるショルダーの張った
速い波でした


前足くんは、
前足に乗っているのもあって
その加速感やスピードはすばらしいです


誰よりも速くかっとんでいました


ただ、波が開いてきて
ターンしようとすると
荷重を後ろにうつさないため
その孤はどうしても浅くなります


スピードがでているので
ターンはしていますが
どうしてもキレがありません
バーティカルにあがっていく
感じがありません


もっとボトムまでおりて
後ろ足に荷重を移しながら
ターンすれば
それはもう、もっとすばらしいものに
なるなあと思ってみていました


まずは、
荷重を後ろに移すことが必要だということを知り
H2Bでその感覚をしり癖をつけるというところから
始めないとだめでしょうね
11143479_849698861734159_3371257234093887353_n.jpg
そしてそれができるようになったら
今度はそれを
再び前に戻す動きも覚える必要があります


トップでは再び後ろ足を
踏む必要がありますから


その手前の切替で
いったん前に移す必要があるのですね
荷重を


後ろ

再び後ろ


って感じです。
切り替え時に
前に行かない人も
多いです


後ろでボトムターンして
そのまま上がって
そのままトップターン


一応ターンはできますが
ダイナミックさとか
アグレッシブさが
でてきません


ずっと後ろは
失速ですから
一旦前に戻したほうが
動きとしては
いいのですよね


そんな流れが
ボトムから
トップのあいだに
できれば
サーフィンはキレキレになってきます


と書くのは簡単ですが
それをやるのは
そう簡単ではありません


感覚的に
本能でやってしまう人も
かなりいますが


そうでない人は
それがどのようになされているかを
知るというのもひとつの手段ですね


サーフィンは前後左右上下に
体重を荷重を頻繁に移動して
波の上にマニューバーを描く
スポーツです


荷重に着目するのは
ひとつの方法だとおもいます


そんな感じで
これからも
記事を書いていきます


まとめたのも
なんとか完成させる
予定です


ひきつづきよろしくおねがいします







追伸:

セミナーの案内や
マニュアル本発売のお知らせは
メルマガで
最初におこないます


興味がある人は
メルマガ登録おねがいします


登録しているのに
届かないという人は
迷惑メールフォルダーをみてみてください
月曜か火曜かたまに水曜になることもありますが
発行して以来8年間


1週も欠かすことなく配信しています
そういえばメルマガ届いていないなあと
心当たりのあるかた
迷惑メールフォルダーをみてください


もしそこにあったら
このメールは迷惑メールではないという
ボタンがあるので押してください


何回やっても
ちょこちょこ迷惑フォルダーにいくので
定期的におこなっていただければ
さいわいです


http://www.mag2.com/m/0000249855.html


#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ





posted by 田地 悠平 at 07:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

フロントサイドのトップターンでかかと側のレールを使っていますか

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


4ヶ月半ぶりにサーフィンしました
完全に会議室サーファーになりました


サーフィンするのも目的ですが
調査も目的です、アナリストですからね
サンプルはしっかり集めないといけません


台風のうねりが届いているのか
ワイドでしっかりしたうねり


地形がよかったのと
向きがよかったのと
また風もあってたのものあって
ダンパーにはならず
チューブもある
速い波でした


速い波だけではなく
ひらく波もあって
結構たのしめました


そんな中
もったいないなあという
サーフィンする人が
結構いました


毎回思うのですが、
フロントサイドのトップターンが
苦手な人が多いです


ものすごく綺麗な
ボトムターンをして
一気に波を駆け上がるのに
トップターンが
上手くできません


これ本当に多かったです。
かかと側のレールを
上手く使えないのですね


カットバックのときは
みな使っておられるのに
トップターンになると
これができない


なので、これは
できないのでは
意識していないのだと
思います


ボトムターンします
トップにあがりました
きりかえしますそこで
かかと側のレールをいれる
意識をするだけで


かかと側のレールを上手くつかえ、
降りていくのも
切れがでてくるのですが
12513916_979118235458887_4750985219005892444_o.jpg
(ボトムで後ろ足を踏んで、引きつけながらレールを切り替え、かかと側のレールをセットし終えたところと言った感じです。ここから後ろ足を踏み伸ばします)
トップでは
つま先側のレールを抜いて終わっているので
そのまま
ボヨヨ〜ンと
ボトムにおちてしまいます
ターンの連続性がでてこないのですね


これを意識すると全然かわってきますね
キレキレになってきます
ボトムターンも
カットバックもできるのに
それができないってことは
意識のもんだいだけです


ぜひ
かかと側のレール使っていただきたいです


追伸:

セミナーを近々開催しようと思っています
セミナーの案内はメルマガで
最初におこないます


興味がある人は
メルマガ登録おねがいします


登録しているのに
届かないという人は
迷惑メールフォルダーをみてみてください
月曜か火曜かたまに水曜になることもありますが
発行して以来8年間


1週も欠かすことなく配信しています
そういえばメルマガ届いていないなあと
心当たりのあるかた
迷惑メールフォルダーをみてください


もしそこにあったら
このメールは迷惑メールではないという
ボタンがあるので押してください


何回やっても
ちょこちょこ迷惑フォルダーにいくので
定期的におこなっていただければ
さいわいです


http://www.mag2.com/m/0000249855.html


#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ





posted by 田地 悠平 at 21:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする