サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2009年08月01日

前に乗りやすい

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

前に乗ってしまうのは必然です。


何故かテイクオフの時水面が坂になっているからです。
土手でも何でもよいので坂になっているところの
頂点付近に立ってください。


そこでテイクオフするとイメージしてください。
(実際にする必要はありません。また、坂がイメージ出来る方は
行く必要もありません。)


坂になっているので
テイクオフで飛び乗ったら
間違いなく前に体重掛かりますよね。


勢いがついて向こう倒れてしまうかも知れません。
怖いですよね。
それを恐れて腰が引けてしまうケースがままあります。


これは前に行くのが怖いことによるものです。
飛び乗るのが怖い時は後ろ足でテールを踏んでみましょう。


立つ時に後ろ足から立ってみましょう。
テールを踏むとノーズがあがるので
前に行く怖さはなくなります。


後ろを踏んで前をだす。
これが歩くテイクオフです。


こんな方法もあります。
是非お試しください。



色々変わってきます。
どう変わるかまた書きます。


では。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 21:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

テイクオフは歩こう

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

テイクオフには2種類ある。
私は思っています。
主観ですよ。
あくまでの私の考えです。


■飛び乗り型



■歩くテイクオフ

です。



歩きましょう。
歩くのいいですよ。


といいましたが
飛び乗るのも好いです。


当然ですが
いずれの方法を選んでも
メリットとデメリットが介入します。


飛び乗るのの利点は
立つまでに要する時間が短いという点です。


そして乗った後進んで行きやすいという点です。
前にのるので加速しやすいからです。


一方歩くテイクオフは
進むという点では
最悪です。


何故か?
後にのるからです。
後ろ足から先に板につけるので
後に荷重されます。


後はブレーキの手段です。
失速は必至です。


初心者がいち早く
楽しみを覚える
つまり板に乗って進むのを
覚えるには
飛び乗る方が絶対に良いです。


ですが、
長い目で見て
将来の事を考えれば
絶対に歩くほうが良いです。


今、まったくの初心者から始めて
H2Bをものにして
アップスを完成するまでの
マニュアルを作っています。


もともと前足君に乗り過ぎの
中級者の方の上達を支援してきました。
こちらは比較的簡単です。
もう立って乗られているからです。


まったくの初心者にいちから
後ろ足サーフィンを教えるのは
とても大変だと思っていました。


テイクオフで歩くように後ろから
乗ってもらうと
全く進まないからです。


これは相当大変です。
まったく楽しくありません。


テイクオフして波に乗るのが
サーフィンなのに
乗るな
進むなと言ってるんですから。


楽しい訳がありません。
これをマニュアルに組み込んで
いったい何人の人が続けてくれるのでしょうか。


何回かよっても
進まないんですよ。
乗ったらずぼずぼと
沈むだけ。


「先生、全然乗れません。進みません。
Aスクールに行った友達はもう進んでいます。
楽しいと言ってます。」


となります。


絶対になります。


ここがとても大変なところです。


とデメリットばかりですが、
ようやくマニュアルの最初の章が決まりかけました。


第1章 歩くテイクオフ


です。


これだけのデメリットを書いておきながら
やはりテイクオフはこれを薦める事にします。


何が何でもです。


ではどのような方が
このマニュアルを選べばいいのか。


ある程度の大会で上位入賞するくらい
までレベルを上げたい方です。


将来相当上を目指されているなら
この方法はとても大きな効果を
発揮します。


サーフィンの要である
後ろ足に乗ることを覚えるからです。


絶対にこっちです。


マニュアルの
第0章も決まりました。


第0章 面談


です。


まず徹底的に生徒さんと話し合います。
あなたは何を目指してるのか
どこに行きたいのか。


徹底的に話し合って
覚悟を聞いてから


マニュアルを試してもらいます。
それくらいの覚悟がないと
このマニュアルは
最悪の毒となります。


素晴らしいサーフィンへの
道をいきなり断ち切るものと
なる可能性があります。


あなたにその覚悟はありますか。、、、、、


怖いマニュアルですね。^^


ちょっと見えてきました。
着手できそうです。


怖いですよ。
来る日も来る日も
どんなに良い波でも
後ろ足から立ち上がり
後ろ足に荷重し
ずぼずぼずぼっと


失速を繰り返すのです。


あなたは耐えられますか。


では。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

posted by 田地 悠平 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ずぼずぼずぼ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


ずぼずぼずぼとテールから沈んでみるの良いですよ。

さすがにピークでやったら出入り禁止で
二度と乗せてもらえないかもしれません。^^


歩くテイクオフをしたあと、テールに重心を
のせたままテールから沈んで行きます。


ずぼずぼずぼです。


どうしてもH2Bが出来ない人はこれを
試してみてください。
波の悪いところでテイクオフしたら
前に荷重せずに
後ろに重心と荷重をおいたまま
ずぼずぼとテールから沈んで行くんです。


これが田地メソッドの根幹です。
ハワイの子供たちはほぼ全員
こうしてテイクオフしています。


だったらハワイの子供はみな
ずぼずぼなってんの?


なってないです。
もうおわかりですね。
同じ動き
同じ重心の掛け方をしても
テールは沈みません。


何故か?


波にパワーがあるからです。
波のパワーと荷重が上手く釣りあって
前に進んで行きます。
ずぼずぼなりません。


ですので
H2Bをものにするまでは
出来るだけ大きな波に乗って下さいと
言っています。


小波だとテールに重心を
長い間おいておけません。
沈むからです。


なのですぐに腰を前にずらしてしまいます。
テイクオフにより後ろ足で立った後
すぐ圧を抜ける人はいいのですが、
そうでない人は腰が前に動くんです。


で今回のご提案なのです。


波を何本か犠牲にして
テール重心テール荷重を
続けてください。


波に置いていかれて沈む感じを味わってください。


何本かやればコツがつかめるかも知れません。


いそがば回れです。
ここで後ろに乗ることを定着すれば
無意識化に落とし込めれば
将来大きく飛躍することとなるでしょう。



一度、一本二本でもいいので
お試しください。


では。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

posted by 田地 悠平 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする