サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2009年09月10日

理論と実践違うのか。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

理論と実践。
コンセプトです。
田地メソッドの
コアです。


最近全然実践してませんでした。
確実に2か月くらい多分サーフィンしてません。


久々にしました。
まあまあ良い波でした。


おもしろいです。
久しぶりにやるときは
いつも楽しみです。
どうなるのか
サーフィンまともに出来るのか。



いきなりやっちゃいました。
いつものように
デーンをイメージして
歩くテイクオフ。



パドル力が思い切り落ちてるので
かなりレイトです。
それでも何とか後ろ

と順番にたてました。


ところが立った瞬間
腰がスーッとまえに動きました。
ストリンガーとある程度の
角度を保って
腰は前に向いてます。


それが右に回転しながら
板と平行になるように
動きました。


おいおいこうなるか。
とても面白かったです。
たぶん体に素直なのは
板と平行です。


強く感じました。


ですがそうなったら何もできません。
あれあれあれというまに
波を横に進んで行きました。


唯一の救い。


それは違和感です。
腰がまえに行った時
強烈な違和感をおぼえました。


ついにバっくフットが潜在意識
無意識まで落ちたようです。


良かったです。


腰の方も
何本か乗っているうちに
平行にならなくなりました。



違いますね。
強制的に後ろに乗ったからです。
何本も


皆さんもぜひやってみてください。
思い切り後ろにのります。
何本か。


一本は完全に前足が浮いていました。
おーし
後ろに乗れた。


そのあとは全然大丈夫でした。
バックフッターに戻りました。


ただ一本だけ
オフザリップの着地した後
足がぎゅーんとまがりました。



ぎゅーんと言う感じわかりますか。
ジャンプするまえにしゃがんで
力をためるでしょう。
あんな感じです。


波から伝わった力が
足に感じられるのですが、
あの感覚は
駄目なんです。
私の中では。


波のパワーを上手く吸収しすぎです。
ターンに生かしづらいんです。


私は足を伸ばす感じで
海をとらえたいんです。


こんこんこんという感じです。
そのほうがターンしやすいです。
イメージ伝わりづらいですよね
また文字化します。



夕方になって夕焼けで空が染まり
吹いていた風が徐々に弱くなる。


なみがだんだんとまとまる。
とても
神聖な時間帯です。
私はこの時間帯が
とても好きなんです。



久しぶりに入ると
こういう点も
あらためて
心にしみます。


ですが
あまりにも
実践が足りません。
背中パンパンです。


もう少し頑張ります。
では。


20080305193725.jpg

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

高い腰の位置

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


16年前石川県の某ポイントでサーフィンをはじめました。
本格的にですね。
それまでに数回体験でやったことがあるので。


右も左もわからないまましていました。
そんなときに地元のサーファーの人が
声をかけてくださいました。


それがきっかけで今のサーフショップと
お付き合いさせて頂いています。
その方と久しぶりに会いました。
一緒にサーフィンしていました。


上手いんです。
その人はサーフィン上手いです。


いろいろ上手いと言える要素はあります。
1つ最大の特徴をあげるとします。



腰の位置です。



腰の位置が高いです。
お尻が落ちていない。
これはとても大事です。


足に張りがあるかんじです。
グニャーとは曲がらない。
そんな感じです。


その人が後輩の人にアドバイス
しておられました。
アップスの時に体を伸ばすな
起こすなと。


ブラジリアンハイヒップもそうですが、
頭を下げると
腰は高くならざるを得ないのかも。
頭も下げて
腰も下げたら
たぶん動きません。
身動きがとれないでしょう。



H2Bから入る方法もひとつですが
いきなり頭を思い切り低く下げて
ブラジリアンハイヒップから
入るのもおもしろいかも
今度海で試してみてください。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


体系的に後ろ足サーフィンを学びたい方は


メールマガジンにご登録ください。


登録はこちら。無料です。
posted by 田地 悠平 at 08:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

三大悪癖補足

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


本日三大悪癖の3つ目を
メルマガでお届けします。
ご登録お済みでない方は
是非ご登録を。


登録は無料。解除も随時おこなえます。
携帯からも登録できるようになりました。


登録はこちら。無料です。


3つの悪癖にもうひとつ加えるとすれば
足の曲げ過ぎですね。


この悪癖は独立して出てくる
というより
複合的にでてくるかんじですね。


足を曲げ過ぎですね。
波を横にはしれるようになると
どうしても動きたくなります。


まずはどう動くか。
肩を回します。
手を回す人もいます。
足の曲げ伸ばしをする人もいます。


どれも間違いではありません。
実際上手い人も多用しています。
私たちもそれを見て
参考にして
動きます。


悪いことではありません。


ただ簡単にまねをするのは
良くないですね。


そのなかのひとつ足の曲げ伸ばしを
取り上げます。


アップスの時です。
トップでもボトムでも良いのですが
足を曲げていますね。


そこから足を伸ばして
板を踏んで行きます。
板が一気に前に走ります。


相当気持ち良い瞬間です。
その事に関しては間違ってはいないです。


実際に加速します。


そこから抜け出せない人が多いですね。
気持ち良いので
そればっかりやってしまう。


ショルダーが張って
壁が見えると
ガンガン踏んで
蹴って走ってしまう。



もちろんそれも大切です。
ですがやり過ぎると抜けられなくなります。


波が開いたとき
ボトムに降りたときに
ターんが出来ません。


タイミングが合わないのです。


何故そうなるか。
足を伸ばす時に
必ずしないといけない事があるんです。


それは何か。


上体を曲げる事です。
とても大切です。
何故大切かは
次回書きたいと思います。



では。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ




posted by 田地 悠平 at 07:58| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする