サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2009年12月06日

第3回 バックフッター養成講座終了

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

昨日第3回バックフッター養成講座が無事終了しました。


ご参加してくださった皆様
ありがとうございました。


基本的に話す内容は
第1回第2回となにも変わっていません。
サーフィンは後ろ足です。
という考え方が
ベースです。


ただ3回目ということと
すでにバックフッター歴が
7年目に突入したと
いうことで
理論が体系化してきました。


とくに今回のセミナー開催に
あたり
なぜサーフィンは後ろ足なのか
ということを見直した結果
完全に体系化できました。


ブログの記事は600を超えました。
その時々の表現で
混乱を招くこともあります。


また、
極端な表現をあえて
することによって
過去の悪癖を一気にぬぐいさってもらう
という意図で書く記事もあります。


その記事だけを読むと
ありえねえし
ということもあります。


今回ご参加くださったかた

そのあたりがクリアーになった
と思います。


昨日のセミナーの内容を
踏まえて
ブログ記事を読むとまた
違ってくるでしょう。



一方で
セミナーであらたに
話した真新しい
理論というのは
何もありません。


すべてブログに書いていることです。
ですので
本当に必要なことを嗅ぎ出す能力が
あれば
参加する必要はないのです。


ただそれは
相当難しいかもしれません。
情報が乱立し
交錯してるからです。


今回はJJB准教授
とこのブログの影の功労者
ikuikuさんがスタッフとして
参加くださいました。


彼らは私のメソッドに精通して
くださってます。
打ち合わせや
セミナーの後の反省会
などでも
相当話しますので
この理論の一番の理解者です。


その最大の理解者である
彼らでさえ
かんちがい
していた部分がありました。


ほんとうに人に物事を
伝えるのってむずかしいです。


田地メソッドの
本質みたいな部分を
体系的にまとめた
冊子や
本は必要でしょうね。


きのうセミナーを開催して
あらためて思いました。
セミナーのDVDもよいでしょうが
まだ弱いですね。


ブログを読む
動画を見る
やってみる。
うまくできた。


ブログを読む
動画を見る
やってみる。
しっくりいかない。


どちらのケースでも
そのときに
田地メソッド概論みたいな
もので
確認できれば
一気に理解度が高まります。


体系化したのをみなさまに
ぶつけて
フィードバックをもらいました。

頭の中が相当クリアーです。



オーウェンや
デーンまでの
道筋が
はっきり見えています。



この順番で
こうやれば
デーンに
オーウェンになれるというのが
頭の中に
あります。


これをまとめたいと
思います。


これは
ブログ

メルマガでは
駄目ですね。


過去の記事が埋もれて
劣化してしまいますから。
本や冊子形式しか
無理です。


なんか考えます。


完成するかどうか
わかりませんが
手がけてみます。



昨日は本当に有意義でした。
フィードバックがたくさんもらえました。
また
理論が深まりそうです。


精査した情報を
どんどん
配信していきたいと
思います。


ご参加してくださったみなさま
本当にありがとうございました。


そのほかの読者の皆さま
フィードバックを
楽しみにしていてください。


ほぼ確信しました。
田地メソッドは
間違っていない
理論の
ひとつ
です。



唯一無二という意味ではもちろん
ありません。
いろいろ理論があります。
正解は一つではない。


正解のひとつのなかに
田地メソッドを入れても
よいのではないかと
思ったという意味です。



みなさまも
いろいろな理論を
知り
納得できれば
徹底してみてください。



理論のミックスだけは
しないでください。


全て駄目になります。



では。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 08:11| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

何度も繰り返したこと

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

養成講座をやるにあたって
講習で話すことを整理していた。


2時間しかないので
重要なことに絞る必要があった。


その大事なことのひとつに
お尻を落とさないというのを
入れた。


これは本当に大事。
お尻を落としたら即死。
波から得た力が一瞬でなくなる。


私が前足君時代の映像を
見ていただいた。


アップスの映像。
ボトムで板を踏む
上に上がる
その時にひざをまげているのだが
見事にお尻が落ちている。


せっかくの力をすべて逃がしていた。
膝が90度曲がり
足首が90度なら
確実にお尻は落ちる。


背中側のレールから
外れる。


これでは絶対にだめ。
これが最悪にだめ。


あなたのお尻大丈夫ですか。


ハワイの初心者はこんな感じ。
こっちのほうが
断然いい。


おしりが落ちていない。


Photo001.JPG


ここからはじめたほうが
効率が良い。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


posted by 田地 悠平 at 07:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

基本の大切さ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

基本ってとても大切です。
基礎ともいいますね。


まあこれは色々なところで
言われているので
知らない方はおられないでしょう。


「あの人は基本ができてないから駄目だ」
とか
「感覚でやってるか成長がとまるよ。」
とか


私もこの意見に賛成です。
そういう意味で基本は滅茶大事です。


それを伝えるために
ブログや
メルマガを
駆使して伝えています。


ですが
ブログやメルマガは
データーがどんどんどんどん
増えていきます。


その性質上
過去の記事が埋もれていきます。
そして
その性格上
新しい記事のほうが
重要な気がしてきます。



だからと言って
大切だからと言って
毎回
毎回
サーフィンは後ろ足だ
と書いていると
だれも見に来てくれなくなります。



ブログや
メルマガは
バラエティーにとんでるほうが
よいに決まってます。



だから私もつねに新しい考えや
技術を記事にしていきます。



でもこれでは伝わらないことがあるんです。
それは意識です。
どこに私は意識をおいて
サーフィンしているか
それを伝えるのは難しいんです。



よんでいたら意味はわかります。
でも意識が伝わりにくいのです。
伝わりますが
残らないと言ったほうがよいかもしれません。



たとえば今日
かなり強烈な思いで
後ろ足に乗る大切さを
説いたとします。


今日は良いです。
なるほど徹底しようと思うんです。


でも1カ月もたつと
この記事は過去に埋もれるんです。
1日1記事書くとすると
30個前に行きます。


そうなると
誰も見ません。



そこを何とか解消したいんです。
そうするにはどうすればよいか。


この記事をより後世まで
印象づけることをすればよいんです。


それは何か
マインドです。
まず考え方を変えないといけないんです。
考え方を変えると


今日の記事が
あたまの中に
後世まで残ります。


今回のセミナーでは
田地メソッドの一番
本質的な部分を伝えることに
終始しました。


本当に基本的なことしか
お話していません。


あたらしいこと
何も言ってません。
全てこのブログと
この
メルマガ

http://www.mag2.com/m/0000249855.html

に書いてあることを
話しただけです。


それに考え方の部分を付け加えました。
こういう思いで
書いています
とか


この考えをベースに持ってください。
といったことをお伝えしながら
基本をはなしました。


yoneさんが書きこんでくださった
コメントから
その様子が
見てとれます。


yoneさんのコメント


記事の下のコメント欄にあります。



でもそのことをブログと
メルマガでは書きません。


何故か?
ほとんどの読者の方が
そんなことを私に求めていないからです。


みなさんが私に求めておられるのは
サーフィン上達方法の情報です。
どうやったらうまくなれるか。
そのなかの
技術的な部分です。



これははっきり
統計ででています。


マインドに関する記事を書いたときの
ブログ
アクセス数が激減します。



そして
マインド系の記事を配信した
あとのメルマガ
解除が増えます。
(メルマガの解除は凹みます。人格が全否定
された気がするんです。^^)


そうなんです。
あなたに
マインドまで
人生の哲学まで
聞いてない
っちゅう話なんです。


だから書きません。
でもそこが
いちばん大切だと思ってるのは
まちがいないんです。



私もおかげさまで44年生きてます。
諸先輩がたに比べるとまだまだ
若輩ものですが
44年というと結構なものです。


ゴルフやスキーサーフィン
部下の指導
家庭教師
英語の講師
色々やってきました。


ちなみに教員の免許ももってます。


色々教えてきたんです。
そのなかで
何となくうまくなる人と
そうでない人が
わかるようになってきました。


この人はうまくなる
この人は熱心だけど
うまくならない。


そういうのがわかるように
なってきました。
間違ってるかも知れませんよ。
まだ44歳ですから


50になって見えるものも
あるでしょう。
あの時はまだ若かったと
この記事を読んで思う時がくるかも
しれません。


でも今の時点でも相当わかります。
ここでいううまくなるというのは
めちゃくちゃうまくなるという
レベルを言ってるのではありません。


基本的な技が身に着くひとと
そうでないひとがいる
ということを言ってます。



そういうマインドを
持っておられるという意味では
この方も
そうです。

http://ameblo.jp/ozsurf/

サトナカさんです。




とてもすごい人です。
サーフィン上達するということを
決められ
ブログを始められました。


国内外のサーフィン上達の
理論や技術を貪欲に求められ
各種のセミナーにも参加されたり
講習会スクールにも参加され
ています。



この理論は絶対だ
だからこれしかないんだ
という方ではありません。


とりあえず色々な物を
思考錯誤で試されています。


そのサトナカさんが
今回のセミナーに参加してくださいました。
以前も
私のブログの記事を
サトナカさんのブログで紹介くださいました。


セミナーの時にお話しさせていただきました。
そして
早速トライしてくださいました。


プロの方の理論も学んでおられます。
その中で
どこの馬の骨が書いた理論かわからない
田地メソッドをためしてくださる
柔軟性がある方です。


とりあえずやってみよう。

駄目ならやめる
それだけのことなんです。


それをやってくださいました。
ありがとうございます。
とてもうれしいです。


その記事はこちらです。
http://ameblo.jp/ozsurf/page-1.html#main



久しぶりに時間をとることができ
ブログを書いたら
長文で散文になってしまいました。


校正する元気もなくなったので
このまま送ります。
お許しください。



メンタルや考え方は
この塾で教えています。


有料の塾です。
塾なのでお客さんでありながら
生徒になります。
そうなると
私は先生です。


なので結構これをやれ
あれをやれと
ウルサイ感じです。


そんなのが気にならないかた
でメンタルや技術を学びたい方は
是非
塾にお入りください。


うまくなるための土台を
皆様の中におつくりします。


よろしければ
是非


動画も見放題です。


http://www.mag2.com/m/0001021300.html


基本.jpg


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ










posted by 田地 悠平 at 10:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする