サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2010年01月01日

体重を逃がすな。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になり
ありがとうございました。


本年もよろしくお願いします。


昨年の後半は色々なことがありました。
皆さんには多大なご迷惑をおかけし
申し訳ありませんでした。


今年は挽回すべく
よりよい情報を
よりわかりやすくお伝えしていきます。


どうぞよろしくお願いいたします。


サーフィンで一番大切なこと。
のひとつ。


波からの力を逃がさないこと


逃がしている人が多すぎます。
頭以上あり
全ての力をもらうと
身体が壊れてしまう。
膝がちぎれてしまう。


そんな時は逃がすべきです。


それ以外は逃がしたら絶対にだめです。
波の力を確実にもらえるようになれば
どんなヘビー級の人でも
身体の動きが軽快に見えてきます。


いわゆる動きが重い
という状態から脱することができるんです。


私も昔は
「ヘビー級なんで小波は無理。
と言ってました。


でもそんなことないんです。
ヘビー級でも波の力を100%つかめれば
動きが軽くなります。



小波にも乗れるようになります。


でも体重の軽い人が
小波で優勢なのは変わりません。


何故か。


彼らは軽いので
少々波の力を逃がしてサーフィン
しても
大丈夫だからです。


ほんの一瞬膝がまがり
体重が逃げたとしても
挽回できます。



でもヘビー級はシビアです。
一瞬でも力を逃したら
アウトです。



とたんに失速します。
ヘビー級が小波不利なのは
そういう理由もあります。


だから絶対に波のパワーをにがしたら
駄目なんです。


そのための方法として


■後ろ足に乗ってください。
■膝を曲げないでください。
■骨盤を空に向けてください。
■お尻の穴をしめてください。
■骨盤を仙骨と腸骨に分けて使ってください。


などを言ってきたんです。


この中のどれかで
波のパワーを逃がさない方法を知れば
全てが見えるような気がします。



田地の言いたいことはこれか。



こうなったらもう卒業でしょう。
そこからはいくらでも
技術を構築できます。



まずは体重を逃がさない。


高いところから飛び降りた時
体中の関節を曲げて力を逃しますよね。


要はあれの逆をやればよいんです。


これは永遠に追い続けるテーマです。



では。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

田地メソッド最大の難関骨盤上向き

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

Surfyさんからのご質問
田地メソッド最大の難関骨盤上向き
についてお答えいたします。


これはメールでも
セミナーでもいちばんよく出てくる
質問です。


なぜ良く出てくるのか。


ありえないからです。


サーフィンをやるときに
サーフボードの上で
この姿勢を取るというイメージが
ほとんどの人の頭の中にないからです。


それほどイメージしづらいんです。
この形自体は全く難しいものではありません。


Surfyさんのコメント中にもあった
マイケルの「ポォー」ですし、
プロレスラー小川の
ハッスルのポーズです。


お尻の穴をしめて
股間を空に突き上げる感じです。
別に何ということはない
誰でもとれる姿勢です。


ですが
何度言ってもこの姿勢は
理解されづらいのです。


何故か。



ありえないからです。


この姿勢自体はとれるのですが
この姿勢でサーフボードに乗って
サーフィンできるイメージが
全くわかないからです。


まじでイメージ湧きません。


実際にセミナーでお会いして
私が見本を見せます。
そしてその場で立って
やってもらいます。


私が手で参加者の骨盤を持ち
正しい形づくりをお手伝いします。


「そうです。その形です。完璧です。
あっています。」


となります。
普通はそこまでいけば大満足です。
文章ではイメージできなかった
形が実際に
田地本人に
作ってもらったんですから。


これで何も迷うことはない。
あとはこれをやるだけだ
となるはずです。


でもそうはならないんです。


おそらく半数以上の人が
この姿勢でサーフィンしません。
もっと多いかもしれません。



何故か。


あ・り・え・な・い


からです。
この姿勢を取ってもらうとわかりますが
まず足が全く動きません。


ガチガチ固まって身動きが取れないんです。
まったく足が動かないんです。


まずここで疑問を持ちます。
違う間違っていると。


多分田地メソッド間違いや。
こんなんでは操作できない。
危ないとこや
やめとこ
さようなら。


です。


こんな気持にもなります。
いやおれが習ったのは
この姿勢ちがうなあ。
俺感ちがいしてるわ。


こんな形田地さんから
おそわってないなあ。


間違って覚えてきたわ。
こんなんありえへん
だって足が動かないもん。


骨盤を緩めてでっちりにして
そうそうこれこれ
こうやったら足が自由自在や。


サーフィンはバランスが重視されるスポーツや。
こうでなくっちゃ
足が動かないと話にならない。


と骨盤の上向きをやめます。



何をかくそうこれは
私自身の話です。


サーフィンではなく
スキーです。


大好きな師匠に直接指導を
受けました。


骨盤を空に向け
股間でそらをつきさせ

そうそうその姿勢

師匠から直接指導を受けました。



でさっそくやってみました。
まったくスキーができませんでした。
その時は1級だったので
そこそこできました。


でもそのすべてができなくなったんです。
骨盤を上に向けた瞬間に。


それでそれはやめました。
「師匠間違ってる」
って。


それが正しい姿勢だと
理解するのに5年かかりました。
思い切り遠回りしました。


骨盤をそらにむけると
あり得ないくらい
足が動きません。
全く何もできません。

満足にアップスもできません。
だから
皆様迷うんです。


今もっているイメージの中に
ないからです。


だから質問がおおくなります。
空向けると書いています。
小川のハッスルとも書いています。


みなさん一度はやってみます。
でも
足が動かないんです。



田地さんの言うことはわかりやすい。
でも多分
この骨盤のことは
言い間違ってる。
書き間違ってる。


多分でっちりのことを言ってるんだ。
股間を空に向ける?
ありえへん。


板まったく動けへんやんけ。


もう一回聞いてみよう。
となるわけです。



実はそこが大きく飛躍するときの
最重要ポイントです。
今までのを全て捨てないといけません。
(実際は捨ててない。どっかに置いておくだけ
またもどってきます。)


H2Bだけやりまくれ
と言ってるのはそこです。


それ以外できないからです。
足がまったく動かないんです。


みぞおちから下が
ひとつのかたまりになります。
骨盤を空に向けケツの穴を
しめると
そうなるんです。


ほんまに何もできなくなります。
でもそれが正解なんです。


それを受け入れられるか。
それで
上達の度合いが変わってきます。



もうみんといて
俺がサーフィンするすがた
しばらく見んといて
とおもうくらい


違和感があります。


スキー部の中で
いち早く骨盤上向きを
マスターし
(それでも3年かかってます)
上手くなりました。


それを後輩に伝えました。
でも
まったく受け入れませんでした。
違和感ありまくりだからです。



今までしてきたことを全て
捨てる気がするんです。


大学のスキーですよ。
(サークルですが本格的な部でした。)
とても上下関係が厳しかったです。
スキーの時だけですが。


お前らケツの穴締めろ
股間を空につきだして
スキーしろ
緩めたらころす。


くらいの勢いで
言ってました。
でも
私がいないことろでは
緩めてました。


反抗してるのではありません。



ありえない姿勢なので
理解できないんです。



初心者にもどったくらい
何もできなくなります。


我慢してそれができるかが
上達できるかどうかの分かれ目です。


殆どのかたが我慢できず
緩めてしまいます。


ケツの穴を緩めます。
緩めたら駄目です。
絶対にうまくなりません。


HBHFは骨盤上向きでは
事実上不可能です。


骨盤上向きでH2Bを徹底してください。
無意識のレベルまでいけば
そこは意識せず
HBHFに行っても大丈夫です。



まずはH2B骨盤上向き

ケツの穴を締めるで
がんばってください。


がまんするの
相当大変ですよ。


では。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 08:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

骨盤上向き

骨盤上向きってこんなんです。


このイメージでサーフィン
あなたはできますか?


http://pipa.jp/tegaki/VBlog.jsp?ID=251702&TD=7321958
posted by 田地 悠平 at 12:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする