サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2010年01月07日

ジェレミー・フローレス

久々見ました。カッコ良いバックフッターです。


裸のランチさんからのご紹介です。この人CTにシードされたんですか。なんかそんなことにこたえていたようです。


トップの切り換えが特徴的ですね。
これってバックフッターにしかできません。


バックフッターのみなさん。
一度ご覧あれ。


http://www.youtube.com/watch?v=gE6p9YdKWoM


この人のトップアクション今研究中です。
このひとのというより
この人が良くやるようなスタイルを
研究中ということです。


上達のヒントが隠されています。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ




posted by 田地 悠平 at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

ツイッターはじめました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

流行ってるのではじめてみました。


いつまで続くかわかりませんが
気が向いたらつぶやきます。


フォローしてみてください。
みなさんのフォローの書き込みに
全て答えることができないと思います。
その点はご了承ください。


ブログへのコメントに対しては
スパム以外はすべてお答えいたします。
質問はコメントもしくは


メールでお願いします。
なお今メールへのご質問が多く
また諸事情がありメールの返信おくれています。


メールいただいてる皆様
今しばらくお待ちください。


すでに5回くらいつぶやいています。
興味のある方は

見てください。


http://twitter.com/uhey_taj


ツイッターって何?
という方はこちらをどうぞ。
流行っています。


http://twitter.com/
uhey_taj / 田地 悠平
今年のテーマは柔軟性。身体は使わないとどんどん退化する。全身を最短でくまなくストレッチする方法を模索中。 at 01/09 19:42

uhey_taj / 田地 悠平
デッドリフトは最高のトレーニング。身体の裏側が全て鍛えられる感覚。サーフィンとゴルフにも相当いいね。 at 01/07 23:15

uhey_taj / 田地 悠平
スポーツ全般で言われている腰を落とせ。高いほうが良いスポーツあると思います。ゴルフ・サーフィン・スキーとくにサーフィンは腰が高ければ高いほど良い。 at 01/07 16:58

uhey_taj / 田地 悠平
使い方がいまいちわからん。機能しているのか。なぜ私は皆さんをフォローしているの? at 01/05 00:47

uhey_taj / 田地 悠平
サーフィンは後ろ足です。そんな理論をこちらで展開中。http://surfingproduce.seesaa.net/中級者が上達する方法を展開中。
興味のある方は是非お読みください。
 at 01/04 12:50



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 20:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

がちがちに固める

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

昨日書いたツイッターです。
広げます。

uhey_taj / 田地 悠平
スポーツにおいて身体を塊でとらえて使う。このような時期を入れるとおもしろいです。そうでないスポーツもあるでしょうが、スキーゴルフサーフィンはある時期ガチガチ固めました。今思えばその時に飛躍的に伸びましたね。皆様も是非お試しあれ。ゴルフには効くよ at 01/10 00:37



身体を固めてガチガチに使ってみるのって大事です。
何か新しい動きをするとき必要です。


なぜそうするのか。
体幹を使うためです。
体幹というのは身体の中心部です。
私がいう体幹は腹筋と背筋骨盤周辺です。


みぞおちから膝までを一つの塊として
使います。


スポーツ上達の極意として
身体の力を抜いてリラックスして
というのがありますが
あれはもっとあとです。


始めからあれをしてしまうと
器用な膝や足首
手首などを使いすぎてしまうことになります。


まずは全身を固めましょう。
少なくても前述の体幹は固めましょう。


まずお尻の穴を締めます。
すると骨盤の前のほうが開きます。
太ももがそとに回旋します。
腹筋も開く感じになります。
身体の前面(お腹側が開きます)


そのひらいとお腹を閉じます。
太ももを内側に回旋させます。
開いたお腹を閉じるように締めます。


いかがですか。
膝からみぞおちまでが
ガッチガッチになったでしょう。


そのガチガチを維持したまま
H2Bをとってください。
それでサーフィンします。


「えーありえない」
となったことと思います。


それでサーフィンしてみてください。
笑えるくらい波からの突き上げを感じられます。


板がバタバタバタとなります。


小波になればなるほど
このイメージが必要です。


ミックとかおそらくこうやって乗ってます。
柔らかく見えるのは膝から下の柔らかさです。
さすがに腰を曲げて力を吸収することはしますが
それでも太ももと
腹筋は
固めてるでしょう。



信じられないでしょう。
でもこうやってます。
だから彼らは
とんでもないのです。


では。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 09:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする