サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2010年06月09日

腸腰筋 変換しない邪魔くさい。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

腸腰筋はふたつの筋肉群の事を言っています。大腰筋と腸骨筋です。サーフィンにつかわれるのはどうも腸骨筋ですね。太ももをひねったり足を踏み込んだりするときここを使いまくります。

意識はおそらくできないと思いますがここにあるという場所だけでも知っておいてください。

このサイトの写真見てください。


http://www.page.sannet.ne.jp/yamato99/tech_vector/vector_6.html


H2Bを習熟したかたは、いよいよここらあたりを使うようになってきます。ここの複雑な動きがバックフットをデーンやオーウェンレベルまであげるときは不可欠です。

相当レベルが高く技術的に深いところに行くのでここでは書きません。しかも相当楽しいのですぐにH2Bの動きが飛んじゃうんです。

H2Bのライダークラスの人でもこの罠にはまりました。私も反省です。もうそろそろいけるやろと次に進みましたが速すぎました。

なのでこんな話はH2Bアドバンスくらぶ(仮名)で書こうとおもいます。おそらく有料になると思います。今年の10月くらいから稼働できればと準備を整えています。

きっとそうとう面白いと思いますよ。

それまでに股関節周辺のストレッチをしておいてくださいね。

最近になってわかったのですがどうも私はこのあたり(骨盤や股関節周辺)の使い方が逸脱しています。尋常じゃないくらい動くし使えています。スキーやゴルフがうまいのもおそらくそこにあるでしょう。そのあたりも分析して

皆さんにお伝えしていきたいです。


とりあえずそんな筋肉があるというのを知っておいてください


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

ケコア・バカルソ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

本日発売のサーフィンライフ付属DVDにオーウェンライトが入ってましたね。欲しいなあと思いました。

それと我らがケコア・バカルソがフィーチャーされていました。相変わらずでかいです。これからトレーニングしてセクシーになると言ってました。トップで板を返した瞬間の写真がでていましたが、さすがです。

これから思い切り後ろ足踏みこむぞという感じです。おそろしい量のスプレーがとぶだろうと容易に想像できます。

基本日本は小波が多いので体重が軽い細いタイプの人が良いです。デーンやオーウェンは比較的細いですね。
(そうは言ってもおそらく70キロ以上はある。)細い人は是非彼らを目指してください。

私はタンクを目指します。というか目指すしかないです。もともと身体がでかいのでオーウェンにはなれません。ケコアになります。

でかくても細くてもサーフィンが上手いとかっこいいんですね。別に上手くなるひつようもカッコよくなる必要もないですが、私は目指したいなあ。

サーフィンというカルチャーをさりげなく生きているという感じが好きなんです。

たまにしか乗らんけど乗ったら上手いみたいな感じがいいですね。

久しぶりにケコアを見てこれやったと原点にかえりました。77キロあったのを今75キロまで落としました。ぎゃくでしたね。80キロ目指します。

あなたのあこがれのサーファーは誰ですか。ひとりに絞って目指しましょう。同じ人間です。できますよ。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

やはりテイクオフなのね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

テイクオフは歩いてなんぼですね。
知り合いの動画を見せてもらいました。
驚愕でした。


こんなにも顕著にでるとは。
保存しておきたい内容で
過去に埋もれさせたくないので
メルマガにしました。


明日朝9:00頃お届けします。
登録おすみでない方は
是非ご登録お願いします。
(無料です。有料のもありますがこれは無料です)

http://www.rirontozissen.com/

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする