サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2010年07月05日

無意識まで行かないと使えない。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

今英語の勉強をしています。
無意識へのアプローチをすることで
英語を使えるようになるというものです。


勉強していてわかったことがあります。
次の段階に行くには
前段階を確実に無意識に落とし込む必要が
あるということです。


私の英語の勉強法はDVDを字幕なしで見まくるという
方法です。これは意識を超えていきなり無意識に働きかける
やり方です。


何度も繰り返し見ていくうちに理解度が深まってきます。
私はその要因は繰り返し見るうちに新しい事を
吸収するからだと思っていました。


それもそうですが本質は違いますね。
繰り返しみるうちに無意識で処理できる量が増えてくるんです。


なのでそれ以外のが意識にあがりやすくなるんです。
だから理解度が深くなるんですね。


だからサーフィンもまずH2Bを無意識のレベルにまで
落とさないと駄目です。
するととたんに見えてくるものがあります。


H2Bをものにするまえ。つまり意識的にやってる
段階でこのブログを読むのと
無意識に行ってから
読むのとでは
まったく理解の深さが違ってくるでしょう。


そのレベルまで行った人は
もういちど最初から読んでみましょう。


なにか発見があると思います。
私の変化も感じ取れるかもしれません。^^


いろいろマルチにやるって
とても良いですね。
相互に作用する部分が必ず出てきます。


言語はそうですね。
間違いなく無意識のレベルです。
そこまで行かないとまったく使い物になりません。


英語を話すときって私は文章を作って
話しているんですよね。それでは絶対に遅いです。
日本語話すときっていちいち文章を作って話しませんよね。


それは無意識のなしえるわざです。
無意識まで落とすって大切なんですね。


落とすっていうより勝手に落ちます。
よいもの正しいものをどんどん落としましょう。











にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サトナカさんありがとう

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


私のブログを読んでくださってる方で
ブログをされている方は少ないです。


ですが何人かおられます。
サトナカさんはそのうちのおひとりです。


技術を追求するのが好きでいろいろな
研究をされています。


そのなかで今回私のブログをサトナカサンの記事で
紹介してくださいました。


その記事はこちらです。


http://ameblo.jp/ozsurf/entry-10575296825.html


褒めてくださってます。うれしいです。何度も読んでます。^^


今回ご紹介したいのはそこでとりあげられている
動画です。


是非見てください。相当凄いです。前編スロー再生で音楽が
いけています。


参加しているサーファーも最高です。
ミックとデーンですからね。これ以上ないでしょう。オーウェンがいないのは
残念ですが。


これ何度も見てください。
いいですよ。波が後半しょぼくなるのも良いです。


私たちの乗る波に近いので勉強になります。
どうぞ見まくってください。


私は早速お気に入りにいれました。



サトナカさんこのたびは素晴らしい動画をありがとうございました。
では。


こっちにも貼っときます。


http://www.youtube.com/watch?v=42yAIWPNCfU&feature=player_embedded
そのレベルまで行った人は
もういちど最初から読んでみましょう。


なにか発見があると思います。
私の変化も感じ取れるかもしれません。^^


いろいろマルチにやるって
とても良いですね。
相互に作用する部分が必ず出てきます。


言語はそうですね。
間違いなく無意識のレベルです。
そこまで行かないとまったく使い物になりません。


英語を話すときって私は文章を作って
話しているんですよね。それでは絶対に遅いです。
日本語話すときっていちいち文章を作って話しませんよね。


それは無意識のなしえるわざです。
無意識まで落とすって大切なんですね。


落とすっていうより勝手に落ちます。
よいもの正しいものをどんどん落としましょう。











にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

バックサイド 1

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


弟子のひとりからどうもバックサイドが苦手だというコメントを
頂きました。


そこですこしバックサイドについて書いてみます。
皆さんも見てくださったと思うのですが
まず苦手意識を持つのをやめなさいと
アドバイスしました。


このブログは技術面を扱うブログなので
メンタルにはあまり触れませんが
(メンタルは別ブログで書いています。よろしければ
是非。http://ameblo.jp/sturf420/
少しだけ書きます。


苦手な意識は身体を硬直させます。
例えば普段人前で話さない人が
結婚式のスピーチとか頼まれると緊張しますよね。


声がうわずったりします。あれは緊張のため上半身の
筋肉がかたくなり、のどや胸の筋肉が固くなります。
そのけっかあのような声になるんです。


バックサイドが苦手な人はまず
テイクオフで
「この波はバックサイドだな」
と思います。すると緊張でからだが硬直し
それだけでまず不利な状況になります。


背中側なので見ずらいというのもきっとあります。
見えないので緊張するというのもあります。


いずれにしろそういう状態になりやすいのです。
ただでさえそういう状況なので
苦手と思うとそれが加速します。


得意だと脳をだますことも大切です。


で技術的な面ですけど
まずバックサイドは前足に乗り易くなります。
乗り過ぎてしまうほど前に腰が行きます。


うまくならなり一番の原因はここにあると私は
思っています。実際私はそうでした。


見えないのであせる。
はやく抜けないとつかまるとおもいから
身体が突っ込むんですね。
そうなると後ろ足の圧が抜け
コントロール不能な状態になります。


そうなると駄目ですね。
板がコントロールできない状態からの
上達が一番の遠回りです。


そうなっているので
バックサイドが苦手な人はなかなか抜け出せないのですね。


ですが実は私のお弟子さんはこの事、
自分が下手だということを自覚しているのは
凄いことです。


例えば仮に私のお弟子さんとまったくおなじような
サーフィンをするひとがいるとします。
その人は自分でバックサイドが得意だと思っている
可能性があります。


メンタル的に言うとその人のほうが優勢です。


なぜ得意だと思うかというと
バックサイドのほうがレールが入り易いんです。
とくにそろそろ横にはしれるかなあという 
レベルにおられるかたにとって
レールが入るかどうかがキーです。


バックサイドは入り易いんですね。
何故か?
おしりが落ちている人が多いからです。
おしりが落ちると
背中側に
体重がかかります。


すると必然レールが入り易くなるでしょう。
レールが入って腰が前だと当然スピードがでます。
なので凄い上手くなった気がするんです。
私もそうでした。


そういう意味ではお弟子さんは一歩
階段をあがったことになります。


そうなったときにまずすることはまず後ろに乗ることです。
徹底して後ろに乗りましょう。
H2Bです。


バックサイドはH2Bで行う後ろ足の内転が
ターンの方向と連動するので楽です。


バックサイドに行こうとおもうと当然背中側のレールは多少はいります。
多少はいる分は仕方ないのでそれは良いとして
そこからは出来るだけ入れないイメージでサーフィンを行います。


バックサイドをアップスでかっ飛ぶのはとても気持ちいいですが
そればかり繰り返しているとなかなか次にいけません。

もったいないですがすこしまっすぐ目にボトムに向かうようにして
そこから後ろ足を内転させてレールを入れるようにしましょう。


波につかまっても良いので徹底してボトムターンを繰り返してみてください。
まずはそれからやりましょう。


では。


その記事はこちらです。


http://ameblo.jp/ozsurf/entry-10575296825.html


褒めてくださってます。うれしいです。何度も読んでます。^^


今回ご紹介したいのはそこでとりあげられている
動画です。


是非見てください。相当凄いです。前編スロー再生で音楽が
いけています。


参加しているサーファーも最高です。
ミックとデーンですからね。これ以上ないでしょう。オーウェンがいないのは
残念ですが。


これ何度も見てください。
いいですよ。波が後半しょぼくなるのも良いです。


私たちの乗る波に近いので勉強になります。
どうぞ見まくってください。


私は早速お気に入りにいれました。



サトナカさんこのたびは素晴らしい動画をありがとうございました。
では。


こっちにも貼っときます。


http://www.youtube.com/watch?v=42yAIWPNCfU&feature=player_embedded
そのレベルまで行った人は
もういちど最初から読んでみましょう。


なにか発見があると思います。
私の変化も感じ取れるかもしれません。^^


いろいろマルチにやるって
とても良いですね。
相互に作用する部分が必ず出てきます。


言語はそうですね。
間違いなく無意識のレベルです。
そこまで行かないとまったく使い物になりません。


英語を話すときって私は文章を作って
話しているんですよね。それでは絶対に遅いです。
日本語話すときっていちいち文章を作って話しませんよね。


それは無意識のなしえるわざです。
無意識まで落とすって大切なんですね。


落とすっていうより勝手に落ちます。
よいもの正しいものをどんどん落としましょう。











にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 06:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする