サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2010年08月01日

骨盤アナザーストーリー2

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

アナザーストーリ2
骨盤後傾が必要なもうひとつの理由。


ふところの広さを確保するためです。
あの人の構えはふところが深いとか
良くいいますよね。


骨盤を後傾させてつかうとふところが深くなります。
ふところとはお腹や骨盤あたりでつくる空間を言います。


背中から腰全体が骨盤を後傾させることによって
まるく後ろにまがるので空間ができます。


そこは曲げられた足がはいるスペースになります。
トップターンでは足を引き付ける動作がともないます。


ふところが深いと足を充分に引きこむことが出来ます。
さらにそのとき骨盤が後傾していると
引きこむ量も多くなりつつ
安定もします。


このあたりも理屈もおいおい書いていきます。
足の稼働量が多いと技もはでになります。


骨盤を前傾しているとこのふところがまったくなくなります。
足が行き場をなくします。それをむりやり収納しようとすると
無理が生じ上半身に影響します。


当然バランスを崩しやすくなり
転びやすくなります。


これは実際にしていただければ
解ります。



骨盤を後傾させるメリットはここにもあったのです。
みなさん
是非骨盤を後傾させてください。


大変ですけどやっただけの価値はあります。
では。





メルマガ登録まだのかたは是非


http://www.mag2.com/m/0000249855.html




毎週月曜の9:00に配信します。


http://ameblo.jp/sturf420

ツイッターやっています。
是非フォローしてください。


登録はこちらからです。


http://twitter.com/


ここで登録してから
私をフォローしてください。


https://twitter.com/uhey_taj





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 00:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

左右のターンは違う?同じ?どっち?

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

左右のターンを繰り返して波の上にマニューバーを描き
沖から岸に進んでいくのがサーフィンです。と思っています。


ターンを構成する要素のひとつにレールを使うというのがあります。
レールが水の中にはいることによりターンをします。


右側のレールが入ると右にターンし
左がはいると左に曲がります。


サーフボードのレールの部分を入れる量や
角度によってターンの質がきまりますが
左右に違いはありません。


右のほうが良く曲がるとかは
基本ありません。


問題は上に乗っている乗り手です。
横向きに乗っているんですよね。
すると
例えばレギュラーの人は右ターンは
胸側に
左ターンは背中側にまがります。


当然体の使い方が違ってきます。


ニーボードってご存知ですか。
サーフボードのような形で少し小さめです。
そこに正座をするように座ります。


ノーズのほうを向いて正対して座ります。
左右のターンで同じ動きで対応出来ます。


サーフィンが難しく面白い理由のひとつになっています。
左右のターンで違う動きをする必要があるんですね。


あなたはどちらのターンがしやすいですか。
胸側ですか。
背中側ですか。


一般的に言うと断然胸側が行いやすいですよね。
見えてますからね。


背中側がしやすいという人も多いですが
それはレールの角度を決めやすいというのが
理由だと思います。


みづらいという意味では背中側は難しいです。


いづれにしてもサーフィンでは左右のターンは違うものだと
いう当たり前のことをここでもう一度確認しておいてください。


それをふまえて、バックフッターです。
このバックフッターのサーフィンはそのなかでも
その違いは群を抜いています。


例えば従来の方法やフロントフッターのサーフィンでは
腰を開いたり閉じたりします。


胸側 背中側という違いはありますが
板対腰という関係でみれば
板に対して腰が開く腰が閉じる
というおなじ動きになります。


どういうことか。
ストリンガーに対して
腰のラインが右に向いたり
左に向いたりしてターンをするんです。


体の構造上閉じる側への角度はそれほど
多くとれませんが
対板という視点から見れば
左右で近い動きをするということになります。



それが田地メソッドではまったくないということになります。
腰は開きっぱなしです。開いた状態から
背中側にターンするときはさらに開くという動きです。


左右のターンは似ても似つかないまったく違う動きになるという
ことになります。


このあたり表現が難しいですね。


これはレールを入れるという動きに対してです。
レール側からみると
右のレールが言っていると思ってください。
「この田地悠平と言うやつは、俺をいれるときのうごきと左のやつを
入れるときの腰の動き全然違うなあ」


と言っています。
レール側からみると全然ちがいます。



サーフボード全体からみるとどうでしょう。
「この田地悠平は板の上でほとんど動きがないな。
腰なんかいつも開いてるし。後ろにいっぱなしだし、
いったいどっちに曲がっているのか加速しているのか
減速しているのかどっちなんだ。」


という感じです。


結論。


あまり動かないんですね。
体をあまり動かさない。
一部を除いて。


イメージは塊です。
板の上で塊がある。
そのまま左右にターンするので
レール側からみると
全然違う。


腰が動かない。



腰ですね。


腰がいっつもオープンで
左右のターン両方ともしちゃう
というのが
田地メソッドの
根幹かも
ターンにおけるという意味です。



なんとなく汲み取ってください。
ターン
技の解説ははじまったばかりです。
そのうち論理も洗練されてくるでしょう。


表現が稚拙なだけで
わたしのなかでは何も変わっていません。


いろいろな言語で表現していきます。
お楽しみに


まずは違う部分と同じ部分があるというのを
確認していてください。


では。






メルマガ登録まだのかたは是非


http://www.mag2.com/m/0000249855.html




毎週月曜の9:00に配信します。


http://ameblo.jp/sturf420

ツイッターやっています。
是非フォローしてください。


登録はこちらからです。


http://twitter.com/


ここで登録してから
私をフォローしてください。


https://twitter.com/uhey_taj





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 09:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

背中側へのターン最初の一歩

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


背中側へのターンで
一般的にあまりのべられていないのに
とても大切だと思っていることを書きます。


背中側へのターンで一番最初に
意識するのは板を傾けてレールを入れることでは
ありません。


これをすると板への圧が一瞬減り無駄な動きとなってしまいます。


サーフィンのターンで一番大切だと思うのは
軸が板の真上にあることです。


ですので背中側のターンでも
まず最初に軸を板の真上にあるというのを
確認する意味を兼ねている動きをしていただきたいのです。



それが
前足太もも前面と胸をひっつける動きです。
普通は背中側のターンだとこの形をイメージすることが
おおいです。


実際にこの形は背中側のターンの体勢としては理想的です。
上手い人のターンにはこの形が必ず出てきます。


トップターン.jpg


ですがこの形も
いつも書きますが
結果的にでてきた形なんです。


この形が理想だからと
この形を目指すと
この形にはなりません。


この形をつくるための動きは
まず胸を前足太ももにつけます。
前足は伸ばした感じです。
(体が固い人は曲がってよいです。わたしも硬いので曲がります)


おしりは天高くあがり
頭は下にさがっています。


その体勢でさらに前転するように頭を下げて行きます。


するとバランスをとろうとして体が
背中側のレールの方向に倒れて行きます。
徐々に板が傾くと
体が起きてきます。


胸と足が離れ
このような
理想的な
形になるんです。


トップターン.jpg



背中側へのターンで一番最初にやるのは
前屈です。


続きはまた。
まずは胸と太もも前面をひっつけてください。








メルマガ登録まだのかたは是非


http://www.mag2.com/m/0000249855.html




毎週月曜の9:00に配信します。


http://ameblo.jp/sturf420

ツイッターやっています。
是非フォローしてください。


登録はこちらからです。


http://twitter.com/


ここで登録してから
私をフォローしてください。


https://twitter.com/uhey_taj





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 07:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする