サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2010年12月11日

比較対象は何なのか?それは極めて重要です

にほんブロ

グ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


ブログにご訪問いただきありがとうございます。


はじめてこのブログにお越しいただいた方は、
まずは以下の文をお読みいただけると幸いです。


このブログは万人のために書かれたものではありません。
対象になる人の範囲は狭いです。


選ばれた人だけが読むことができる
限定ブログという意味ではないです。


オープンのブログでもちろんどなたにお読みいただいても
全く問題ありません。


ただ、このブログは中級者のサーフィン上達ブログとうたっていま

す。


その定義(いかに表示します)に当てはまらに人が読むと
あなたのサーフィンを壊してしまう可能性があります。
加えて私は一般サーファーです。下手ではないですが
それも主観です。


このブログの理論もまったくの主観です。
もちろん世に公開するからには絶対の自信を持って書いていま

す。ですがあくまで主観なんです。よいか悪いかご自身で
充分に判断してからお試しください。


以上よろしくお願いします。


【定義】


中級者:
ここで言う中級者はアップスができスピードも出せるが、ターンが

上手く出来ない人そのなかで、前足に意識がありサーフィンする

ときに後ろ足なんか意識したことがないかた。すなわち前足に荷

重をしすぎている人。後ろ足を上手く使える中級者は除く


【対象者】
上記で定義した中級者。すなわち前足に意識が100%あり
後ろ足に乗るなんて知らなかった。後ろ足に乗るのを悪と思って

いた。前足にのり体を傾けてターンすればそれでいいじゃん。後

ろ足なんか必要ないでしょと思ってるかた。


【目的】
そんな後ろ足に乗ったことや乗りたくなかった人に一度後ろにの

ってもらうため。乗ることでターンがしやすくなるのを知ってもらう

ため。

サーフィンは前足も後ろ足も両足が大切です。もしあなたが前足

にしか乗ってなかったら(意識という意味両足で立っている以上

後ろが0%というのは物理的にありえません)それはよくありませ

ん。そんなあなたに後ろ足にのる大切さ喜びをお伝えするため。


サーフィンの上達へのステップ基本の部分。両足を使うことをお

ぼえてもらうため。


以上がこのブログを書いている理由のおもな部分です。
ほぼ網羅してるとおもいますが、不足してる分や間違ってる部分

があれば加筆修正を加えて行きます。


以上の【定義】【対象者】【目的】を頭においていただきながら
お読みいただけると助かります。


絶対後ろに乗ってもらいたいので描写が極端で過激なところもあ

ります。膝を伸ばせとか100%後ろとかそれは、私の思いが強く

入っています。100%はありえないし、膝を100%伸ばしてひざ

裏の内角が180%はありえないんです。少しは前に乗るし
膝は少しは曲げるんです。


ですがそこを少し曲げると書くといっぱい曲げる人もいるし
少し前と書くと前に乗り過ぎてしまうんです。


だから過去のブログはそのあたりも加味してお読みください。


今後は出来るだけしっかりと数値であらわせるところは
数値で表すようにします。


そのほうが明確ですからね。


さらに今後は文章で上手く伝えられる範囲に書くことを留めます

。ブログは公共性が高く誰でもよめる可能性があるので
間違って伝わる可能性は極力排除しないといけませんからね。


ですので今後マニアックな描写の難しいものは
メルマガに書くことにします。


メルマガは私読みたいので欲しいといった人にしか
届かないので完全にクローズです。必要なければ
解除もできます。ややこしいのやマニアックなのは
今後クローズドのメルマガで書きますので


そういったものを配信希望の方は
無料のメルマガにご登録くださいませ。



■登録はこちら↓


http://www.mag2.com/m/0000249855.html




対象者を明確にしたうえで
自分が正しいと思っているというのが
今私のとれる最善の手段ではないかと思います。


ここに提示する方法は私にとって良かったものです。
全ての人に合うものでは当然ありません。


骨格も違うしもともともっているポスチャーも違う。
骨盤を前傾して立っている人もいれば
後傾気味に歩く人もいる。


後傾気味の人にさらに後傾と言えばそれは
後傾過ぎるし、前傾が強い人は普通の人以上に
後傾にしないといけない。


みなさんの今の位置はいったいどこにあるのか
自分はどこにいるのかを明確にしながら
このブログの理論を取り入れていただきたい。


りんごって
硬いですよね。


桃やバナナ
なしに比べれば
硬いですよね。


でもそれって
くだものの中でとらえればの話ですよね。


ダイヤモンドに比べればかなり柔らかいし
鉄や木と比べても柔らかいですよね。


ですので私が足を曲げるなとか
腰を高くとか
書いているのは
私の持っている概念の中の何かと
比較して
曲げ過ぎとか
高いとかなんです。


できるだけ対何かというのを描写はしますが
限界があるんです。


これからもっと丁寧に詳細に書いていきます。
くどいくらいに書いていこうと思います。


もしこの理論を読み賛同してくださり
試してみようとおもってくださったかた
過去の記事も読んでみてください。


そこには矛盾もあります。


その矛盾している二つの理論を読むことで
見えてくることもあります。


さらにネット上やマスメデイア、雑誌媒体にも
サーフィンに関する理論やハウツーが落ちています。


ショップの上級者やプロの方もそれぞれ上達方法をお持ちです。
皆さま方に置かれましては是非
いろいろなものを試しつつ思考錯誤しながら
上達していってくださることを
お願いいたします。


その中のひとつとして
この理論も参考にしてくだされば
これほど幸せなことはありません。



私は28歳からサーフィンを始め
我流でサーフィンをやってきて
17年になります。


後ろ足に乗ることを知ってそろそろ
10年になります。


ずっと前足1本に乗ってきて
(実際は前足だけに乗るのはありえません。両足で
立っている以上、後ろ足にも乗ってます。でも意識は
100%前足でした。)
全然曲がれず(少しは曲がれた)7年間過ごしました。



そして後ろ足に乗らないと曲がれないと解ったのは
ハワイでロングボードに乗った時でした。


ずっと前足1本でサーフィンしてきた私は
まったく曲がれませんでした。


どうやって曲がるんだと
回りを見渡したら
後ろ足に思い切り荷重して
みな曲がっていました。


なんだロングって後ろ足に乗らないと曲がれないんだ。
知らなかった。
よかった
ショートで
と思ったんです。

そうなんです。
その事実を知ったときも
私はまだ後ろ足を受け入れなかったんです。


前足に100%乗っててもショートなら曲がれると
思ったんです。


タジバロウは前足にかなり乗ってると
本人も彼のシェーパーも言ってたので
ファンだった私はそれを信じていました。


だからさらに前に乗り込みターンする方法を
模索していました。


結果的にタジは前に強烈に荷重しています。
バックフットを習得した私も
以前にまして前に体重をのせています。


のせているのではなく乗っているのほうが正しいですね。


後ろ足の足を引き付けることにより
結果、前足1本になる瞬間があります。
その時はほとんどの体重が
まえに
かかっていることになります。


これはバックフッターの乗り方ですが
前に荷重されます。



もしここまで読んで
ご自身が前に乗り過ぎているのではと思ったら


いちど後ろに乗ってみることをお薦めします。
後ろにすでに乗ってる方には
たいした変化は起きません。


そんなかたにはこのブログはおそらくまったく役に
たちません。


H2Bを試してみて
おーなんじゃこりゃあ
凄いと思った方には
おそらく役にたつと思います。



是非いろいろみて
そのなかで
このブログも見て
良いと思ったら
やってみてください。


私は後ろ足に乗ることを覚えてから
サーフィンが全く変わりました。


完全に板をコントロールしている
感覚です。


足の裏に板が貼りつき
板が短く感じられ
コントローラブルになるあの感覚は
両足にきっちりのってればこそです。


サーフィンは両足です。
前足に意識があり過ぎる人は
是非後ろにも意識を
おきましょう。


もしかしたら
凄いことになるかもです。



では。






にほんブロ

グ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 12:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

定着するのか ヒップバッカー

にほんブロ

グ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらの記事を最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


さて、今年ももう終わりです。
ことし
一年お世話になりありがとうございました。
みなさまのおかげで
ことしも続けることが出来ました。


後半半年は仕事が忙しく記事の更新もすくなかったです。
申し訳ありません。
来年はすこし
仕事に傾ける情熱をへらして
またサーフィンの分析に力を入れたいと思います。


来年もよろしくお願いします。


前回発行のメルマガで
ヒップバッカーという
新語を造りました。




http://www.mag2.com/m/0000249855.html



定着するかどうかは疑問ですが
私の思い入れは
逐一です。


10年以上もまに読んだ雑誌のインタビューで
ミックとパーコの当時のメインシェーパーであった
ダレンハードリーが
ミックの事を
このように評してました。


「ミックはずっと後ろにステイしてサーフィンするタイプの
サーファーだ。パーコと私とは全然ちがう。」
と。


強烈に印象に残っています。
そうやってミックのサーフィンを見ると
本当にそうなんです。


腰が前に動きません。
いや
実際は動きます。
私のイメージでは動いていません。


もし動いても彼はそれを嫌います。
すぐに後ろに腰とお尻を持ってくるんです。


なので
おそらく絶対
かれは常に後ろにいるイメージなんです。


当然彼は前足を踏んでますし
前に体重をかけると言っています。
でも
それより以前に
後ろに腰をステイすると言うのが
潜在意識のなかに存在するのです。


そういう面からいうと
私の潜在意識はずっと長いあいだ
腰を前に置いとけと言うのがありましたね。
私がサーフィンをはじめてから
8年くらいはずっと。


前足君時代ですね。
前足君時代は
潜在意識(無意識)も
顕在意識(意識)も
腰が前でしたね。


そして9年目に後ろ足に出会い。
そのころからしばらくは
潜在意識は前足
顕在意識は後ろ足
という時代が続きました。
(ここは一番苦しいです。あっているかどうかも不安だし
意識しても無意識が拒否してとてもつらいです)


それを乗り越えた今
潜在意識も
顕在意識も
後ろ足です。


そうなれば強いですよ。
意識して前足に腰を持って行っても
無意識がそれを拒否し
腰を後ろに下げてくれます。


まさにヒップバッカー状態ですね。


H2Bで後ろ足に乗れるようになると
今まで前でしかサーフィンしていなかった人には
目から鱗てきなものがあらわれ
サーフィンが恐ろしく楽しくなり
上手くなります。


そうなると
人の本能としてより上のレベルへ
はやく行きたくなります。


そこで次のステップに行くと
まだ顕在意識下にしかない
腰を後ろにステイが
徐々に壊されていき
前にもどる状態がおきます。


こうなると大変です。
サーフィンがめちゃくちゃになり
後ろに乗ってるのに
上手くならないじゃんとなります。


後ろに乗ってると思ってるのが
前に動いちゃってるんですよね。


だから
H2Bを徹底してと言うんです。
ヒップバックが
無意識下に行くまで
徹底的にやらないといけないんです。


それができて初めて
HBHFや
H2BRに
行けるんです。


幸い今は冬です。
体が寒くて動きづらいです。
そういう時期だから
無理なアクションは怪我をするからと
自分に言い聞かせ


ヒップバックが無意識下に
定着するまで
H2Bしまくりましょう。


ヒップバッカー
定着すれば良いな。



では
みなさま


今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。



よいお年をお迎えください。










メルマガ登録まだのかたは是非


http://www.mag2.com/m/0000249855.html




毎週月曜の9:00に配信します。



ツイッターやっています。
是非フォローしてください。


登録はこちらからです。


http://twitter.com/


ここで登録してから
私をフォローしてください。


https://twitter.com/uhey_taj





にほんブロ

グ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

こういうやり方もある

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
ゴルフの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。



正確にやらないと気が済まない性格です。
ダンスをやってるんですが
フィーリングで動きをとらえられないんです。


胸を回す動きがあるとします。
先生のを見て
それを真似するんですが
出来ないんです。


授業が終わった後に先生に聞くんです。
右後ろ後方に行ったときは右胸と左胸
どちらが前ですか?


うっとうしいでしょうね。
でもそうやってひとつひとつ
正確に動きを造って
確認してから
それをつなげるんです。


そして
そのままスピードを上げて行く。
そんな感じで動きを造っていきます。


だからダンスいっこうに上手くなりませんでした。
そして
サーフィンやゴルフのように
正確にトレースしていこうと
決めました。


私にはやはりそのやり方があっている。


ですので
このブログはそんなやり方が
しょうに合う人にしか向きません。


全体で動きをとれるひとには
向かないかもしれません。
ご注意ください。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ







posted by 田地 悠平 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする