サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2011年04月05日

やはりH2B

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html



ついに待望のヒップバッカー公式ファンサイトが立ち上がりました。Facebookが流行っているので、流れにのってはじめて見ました。いつまで続くかわ

かりませんが是非一度お立ち寄りくださいませ。




http://www.facebook.com/pages/HipBacker/186811751356210



このブログが役に立つ方々というのは限定されています。
極めて狭い範囲の人にしか役に立ちません。
先日弟子の方たちと話す機会があり話していました。


そこでこういう風にあらためて思ったのです。


その対象になる方というのは
ずばり


「前足に乗り過ぎることにより、後ろ足への荷重配分が少なくなっている人」
です。しかも中級者限定です。


むろん上級者の方にも参考になる部分がある場合もあります。
以前大昔のカキコミでNSA3級の方が
このブログを読み
2級に合格したと
コメント頂いた事もありました。


彼は後ろ足への荷重配分が少しすくなく
それに気づくことによって
一気に上達されました。


彼のような方にとっても
このブログは有効ですが
おそらく
とっくに卒業されていると思います。


一瞬で意味がわかり
後ろに乗るのも必要と気づけば
卒業
という人もおられます。


ようは
このブログの最大の目的は
後ろ足に乗ることも必要ですよ
ということを
後ろ足にほとんど
もしくは
あまり
乗っていない方に
知らしめることなのです。


ですので
それをしれば
極端な話し
必要ないのです。


もちろんその後
さらにその上を目指して
このブログをお読みいただいても良いのですが
後ろ足に乗ることを知ったら
後はその感覚を
ご自身で高めて行く
ということもできるのです。


そういう意味で
H2Bはとても大事だと言うことを
再発見した
という記事です。
今日のは。


お弟子さんたちとの密談の中で
H2Bだとお尻が落ちやすくなると
言うはなしが出たので
はじめに
H2Bは良くないのではないかと
ずっと考えていました。


その答えが
これです。


お尻が落ちようがなにしようが
まずは
後ろ足に乗ることが大切なのです。


最近ヒップバックについて
あまり他者とコンタクトしていなかったので
今回話せたのは良かったです。


アイデアがあふれてきて
頭も整理されました。


サーフィンは両足で板の上に立って行っています。
後ろ足に乗ることも大切です。


後ろ足にも乗ってくださいね。
というのが
当ブログの
メッセージです。


では。











facebookもよろしくお願いします。



http://www.facebook.com/pages/HipBacker/186811751356210



メルマガまだご登録されていない方、無料ですので、ご登録お願いします。もちろんいつでも解約できますので、よろしくお願いします。









にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ







posted by 田地 悠平 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

オフザリップ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html



ついに待望のヒップバッカー公式ファンサイトが立ち上がりました。Facebookが流行っているので、流れにのってはじめて見ました。いつまで続くかわ

かりませんが是非一度お立ち寄りくださいませ。




http://www.facebook.com/pages/HipBacker/186811751356210



このブログでは基本的な土台になる部分までしか触れていません。
個々の技については
ご自身でマスターしてくださいと言うのが
基本姿勢なんです。


このブログで土台(もちろん数ある土台の中の
ひとつという意味です。これが全てと言う意味ではないです。)
を築いたあと
その上に好きな家を立ててくださいと言う
スタンスです。


なのでオフザリップの事など一切書いていません。
ですが
これは
弟子のひとりに会うたびに言われるのですが
オフザリップの基本くらい
書いたほうが良い
というのです。


そうでないと
勝手にオフザリップを
はじめて
土台が崩れるのだと
言うのです。


実際に彼もそれで
おかしくなったと言うのです。


なので
少し書こうと思います。


今日は一発目なので
軽めに行きます。


まずオフザリップが
出来る人と
出来ない人の
市場の大きな差です。


下の写真をご覧ください。
オフザリップには
必ずこの形が入ります。


オフザリップが出来る人には
ほぼ
例外なく
この形があります。


まずは
写真を見て
陸上で
この形をとってください。


トップターン.jpg


そして感じてください。
海で
リップするとき
この感覚を私は
もっているだろうかと。



おそらくないと思います。
かなり後足に乗った思い切った形に
なると思います。


まずはこの形を
とって
内面を見つめてください。


この形をとったら
こんな感覚なのか。
海の上でも
これを感じれたら
出来ていると言うことになるなと
つぶやきながら
やってみてください。


相当難しいですよ。
海では。


トライしてください。




facebookもよろしくお願いします。



http://www.facebook.com/pages/HipBacker/186811751356210




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ







posted by 田地 悠平 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

どっち派?

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html



スポーツジムにある
板で
テイクオフの
練習をしていました。


傾斜をつけることが出来るいたなので
サーフィンをイメージしやすいのです。


少しノーズが下がった状態を作りテイクオフしていました。
改めて思いました。


普通に立つと
前足にかなりの体重がかかります。


当然です。
板は前傾し
ノーズが下がっています。
そこに立つわけです。
重力にひっぱられ
前足への荷重配分が増えます。


そこからさらに
前足を曲げて荷重すると言うのは
私にとってはあり得ません。


完全に後ろ足から圧が抜け
とても板をコントロールできません。
サーフィン出来るイメージが全くわかないのです。


ですが
それでサーフィンしていた時期があったのですね。
そうです。10年以上前の
前足君時代です。


誤解があってはいけないので
明記しますが
その状態でサーフィンできないのは
私だけです。


出来る人もいます。

その状態から状態と
腰をひねることで
後ろ足に荷重を持ってこれる人です。


その人にとっては
このポジション、なんの問題もありません。


そこに違いが出てきます。
基本的なポジションを
前に置くスタイルか
後ろに置くスタイルか。


あなたは
どっち派?


ジョージアの缶コーヒーも
どっち派?
ってあるように
ようは好みです。


どっちだっていいんです。
ただ
私は
後ろ足上方に
基本ポジションを置くスタイルが
好きなだけなんです。


では。


いろいろやってます。
よろしければ是非。




■初心者用ブログ

http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ

http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター

http://twitter.com/uhey_taj

■フェースブック

http://www.facebook.com/hipbacker





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ







posted by 田地 悠平 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする