サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2016年06月13日

前足に乗るのはいい。でも前足に居つくのはよくないのである。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


武道では居つくというのを嫌う傾向にあります。
居つくとは、文字通りその場にとどまってしまうことですが、
武道でそれは死を意味します。


居ついてしまうとすぐには動けません、
相手にやられてしまうのですね。


サーフィンも同じです。
サーフィンは前後左右上下の荷重移動によって
ターンを繰り返し
波上にマニューバーを描いていくスポーツです。


前足にずっととどまっているとターンができません。
ターンの時は後ろ足に荷重しないといけないからです。
そんなことあたりまえじゃん、誰でも知っているよと
お思いでしょう。


それでも、前足に居ついている人は多いです。
わかっているけどやめられないのですね。


では、なぜやめられないのでしょうか。
それは、スピードです。前足にいると
スピードがでるからです。


特に日本で育ったサーファーにとって
スピードを出す技術というのは必修です。


デフォルトが、膝腰のビーチブレイクだからです。


そこでスピードをつけるために
アップスを学ぶのですが、
この時ほとんどのひとが、
前にガッツリのります。


そのほうがスピードがでるし
失速しないからです。


やりかたとしてはなんら間違ってはいません


サーフィンにスピードは必要ですし、
それを得る方法を学ぶのは大正解です。


ただしです、サーフィンはスピードともに
学ばないといけないものがあります。
それはターンです。


サーフィンはターンもしなくていはいけません、
そしてターンは後ろ足にのってやるのです。
ターンするときは後ろに荷重移動をしないといけないのです。


ところが、アップスを長くやっている人は、
前足にいついてしまって、
ターンの時に後ろ足にのることができません。


これが結構深刻です。


最近の板は短くて薄いので、
簡単に動きます。


前足にのったままでも
アップスでスピードがついていれば、
そこそこなんちゃってができちゃうのです


なんとなくボトムターンはしているし
トップターンもしたかんじになります


ですが、前足に荷重がのこったままなので
切れが悪いです。孤も浅いです。
気持ちいいので本人はできているつもりですが
実際に見ると全然だったりします。


いちど思いきって後ろ足にのってしまいましょう。
バレルにはいる前にプロが良くやる
ストールの姿勢で、ガツンと後ろ足にのってしまいましょう


そうすることで失速はしますが発見があります。
ひとによっては一発で、おおおお、これがサーフィンかもって
思う人もおられます
基本.jpg
われわれがH2Bとよんでいるやつですね


これをやることで後ろ足にのるということが
どういうことなのかわかります


これねえ、ずっと前足に乗ったことしかないひとにとったら
衝撃的です。


最初やったら、ちがう、これきっと間違っているおかしい
となるほど違和感があります。


ですが、がんばってやってみてください。


やった姿勢を動画か画像にのこしてみてください。
もしかしたら人生がかわるほどの
衝撃かもしれないです


まずは後ろにのってみましょう
人生変わるかもです


■プロサーファーの動画を分析しています。よろしければ↓
https://www.facebook.com/hipbacker

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ





posted by 田地 悠平 at 16:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

テイクオフ直後におこっている前後の荷重移動

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


このブログでは、テイクオフは2種類あり、
そのうちのひとつを推奨しています。
当然ですが、いつも書くのめんどくさいですが、
どちらがいいとか悪いとか言っているのではありません。
わたしは、そのやりかたが好きで
それをやっているに過ぎないので、
あしからずご了承くださいませ。


テイクオフは


猫のように素早く飛び乗るテイクオフ

歩くように、後ろ足、前足と足を進めていくタイプ

あります。


飛びのるタイプは、両足が同時に着地します。


歩くタイプは、当然、後ろ足が先に着地し、
そのあと遅れて、前足が着地します。


わたしが好きなのは、後者の、歩くテイクオフです。


歩くテイクオフは、テイクオフ直後、
後ろ足を、うしろのデッキパッチに乗せた時から、
荷重移動がはじまります。


板が滑りだして、後ろ足を後ろにおきます。
後ろに重心がかかるので
ストールのような感じになります


私はその瞬間がたまらなくすきです
テール側のレールを
波に引っ掛けるようなきがします。


そして、今から波と一緒に、
波は塊となって
岸に向かって行きますよね
それについていくぞって
感じになるのです、後ろ足を
置いて引っ掛けた瞬間に


後ろ足をおいたら、
ほとんど間をおかず
前足を前におきます。


置いた瞬間、後ろ足を
ひきつけます。


そうすると、その瞬間
前足に荷重されます。
そうです、ストールから
一転して、加速の状態になるのですね。


ちなみに、飛び乗るテイクオフは、
テイクオフ後一気にこの状態になります。
いきなり加速しますから、
速いですよね。
これはもう好みの問題です。
歩くテイクオフは、
そういう意味で
ワンテンポおくれます。


その状態が
この写真です
1452337_597972926906755_630784097_n.jpg

後ろ足が抱え込まれ
前に荷重されている様子がみてとれます。
これで一気にボトムまで降りていくのですね。


この状態でボトムに向かって降りていきます。
で、ボトムターンにはいるわけですが
最下点にはいる少し前から、
徐々に後ろ足を踏み始めます。


ターンしないといけませんからね、
ターンの時は後ろ足が基本です。


後ろ足を踏み始め
ボトムターンにはいる、
これがボトムターンまでに
おこる体重移動です。


いかがですか
思っている以上に
頻繁にされているでしょう?
体重移動。


歩くテイクオフは、
飛び乗るテイクオフにくらべて
1行程多いのですね。


これをめんどくさい、
時間がかかるととるか、
行程が増えて楽しいととるかは
個人の判断です。


私は断然歩くテイクオフですね。


これね、波が速い時いいんです。
波が速い時は、ボトムに降りずに
トップを走って行きたいですよね、
その時に便利です。


後ろ足を置いて
レールを引っ掛けた瞬間に
踏みます。


すると、板がワンテンポ速く
走り出します。


イメージだけの問題かもしれませんが
これができるようになって
速い波が楽しくなりました


それをメリットとるか
失速ととるかは
みなさんしだいですが


歩くテイクオフ、
もしよければお試し下さいませ



■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ





posted by 田地 悠平 at 15:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

ボトムターンからトップターンに書けての足の動き

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


昨日の続きです。
昨日はテイクオフからボトムターンにはいるまでの
体重移動について書きました。


今日はその続きを書きます。
まだお読みになっておられないかたは
ぜひさきにお読みください

http://surfingproduce.seesaa.net/article/438981522.html

後ろ足が曲がった状態でおりてきて↓
1452337_597972926906755_630784097_n.jpg
ボトムターンの最下点にはいる少し前から
後ろ足を踏み始めます


弊所の理論では
後ろ足と前足は連動して
反対の動きをするとしていますから


後ろ足を踏んでいくと同時に
伸びている前足を引きつけ始めます


後ろ足を踏むと
ノーズがあがります。


その上げを邪魔しないように
前足を曲げていますから
ノーズはトップの方向に向いています


やがて後ろ足は伸びきります
そして前足は曲がりきります


この時、ボトムターンの最下点を過ぎたあたりにいます。
方向が決まったので
この時からトップターンの準備を始めます
思っている以上にはやいですね準備


この時点で
後ろ足が伸びきり
前足が曲がりきっているわけですから
ここから逆にいきます


伸びきった後ろ足を曲げ始めます
それと同時に前足を伸ばし始めます


水面に対して浮いてた
ノーズあたりの板のボトム面は
後ろ足を曲げはじめ
前足を伸ばし始めることで
水面に近づきます


これは水面に対しては
前足に荷重されて
ノーズが水面にちかづき
加速を産む状態です
(もちろん、重力に逆らって
波を上にあがっていっている状況ですから
実際には加速していないでしょう。
ですが、もし後ろにのったままなら
もっと失速しますので、
そういうことです)


でこのまま切り替えを
通ってトップターンの手前までいきます


後ろ足は引きつけられ
前足は伸びていき
トップターンの手前で
後ろ足は完全にまげられ
前足は伸びきっている形になります
トップターン.jpg
で、ここから後ろ足を踏み
前足をひきつけ
えぐるように
トップターンを
おこないます


以上が足の動きの全容です。
これに左右の荷重移動と
レールの切り替えなどがはいり
ターンが完成します


今回は前後の足が
それぞれのシーンで
どのように動くかだけに特化して書きました。
レールの使いかたについてはまた書きます。


ものすごく
激しく
足が伸びたり曲がったりしていますよね


この動きは膝サイズの
アップスでも起こる動きです。


忙しそうですね^^


でもこの動きをマスターしたら
その延長線上に


フィンアウトのトップターンや
エアーがあります


フィンアウトやエアーを成功させる時に重要なのは
後ろ足の踏み込みと引きつけです
もちろん
同じタイミングでの
前足のひきつけと伸ばしです


後ろ足を踏んで飛ぶのですが
抜ける瞬間に引きつけないと
板が飛んでいってしまいます


そのタイミングが絶妙であって
はじめてエアーとかが
成功するのです


そのためにも
足の曲げ伸ばし
ぜひマスターしてください


#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ





posted by 田地 悠平 at 10:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする