サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2017年03月14日

上手い人が小波でもガンガン加速できるのにそうでない人が失速する理由

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html

ずばり、波の力を逃がしちゃっているからです

このブログは前足に乗りすぎて上達しない中級者のかたに
上級になるためには後ろ足にものりましょうねと
伝えているブログです

本質的にいいたいことはこれだけです

前足に乗りすぎる中級者を
前足くんとよんでいます
わたしはずっと前足くんでした

前に乗ってサーフィンするのが最新最高だと
長い間思っていたのですね
だからずっとまえにのってました
前に乗ると加速はするので
アップスとかは最高に気持ちいいのですが
切れたターンができません

一応レールがはいっていれば
ターンはしますが
テールよりに乗る瞬間がないと
きれいなターンができません

こんなことは自明の理で
書くまでもなく
みなご存知なのですが

それでも実際海を見ていると
みなわかっているはずなのに
テールに重心を移したり
荷重したりする人がすくないです

前足に居着いてしまって動けない人がおおいですね
最近のボードは軽く短いので
それでもそこそこ動きますからね
不自由しないし
自分ができている気にさえ
なってしまったりします

私がそこに長い間いた理由はそこにあります
前足にいついてしまうのです

その前足くん
上達を阻害する要因がやまほど
詰まっているのですが
その中のひとつで
特になおさないと
いけないのが
お尻の落ちです

前足に乗ると
状態が起きやすくなります
前にのっているのに
さらに上体を倒して
頭を前にさげると
前につんのめるので
上体は起きたほうがやりやすく
起こします

上体が起きると
バランスをとるために
膝を曲げやすくなります
膝を適度に曲げるのはまったく問題ありませんが
膝を曲げすぎて
膝の裏側にある内角が
足首の内角が作る角度の2倍以下になると
お尻が落ちてきます

お尻がかかと側にはみ出して
どちらかというと背中側に
重心がかかります

そうなると
波から返ってきた力が
膝頭から抜けてしまいます
板の真裏に受けた力が
すねを通してあがってきますが
それが上に抜けてしまうのです

その上に身体があると
力を全部受けて
それをターンする力に使うことができるのですが
足首が曲がりすぎて
膝も曲がりすぎてしまうと
力が逃げちゃうのです

高いところから
飛び降りた時
足首とか膝とか腰とか首とかを
思い切り曲げますよね

あれは地面からの反力を
脳に直接伝えないためにです
そこら中で曲げた箇所から
逃しているのです

その逆をやっていただきたい
特に小波は波のパワーがとても少ないです
それを少しでも逃してしまうと
もうターンはできません

プロや上級者は
それをまったく逃さないから
小波でも加速し
技をくりだせるのです
P1040975.JPG
こうなっちゃうと終わります
力を一切受けられなくて
失速してしまうのです

おすすめはこの形です
スクリーンショット 2017-03-11 18.16.02.png

足がほとんど曲がらず
腰は板の真上にあります
これだと力が逃げません

この形に行く前に
私はこれを
P1040990.JPG
いれました^^

足が曲がりなくっているのがいやだったので
いっそ伸ばしてやれと
やりました

衝撃がガンガンきて
バランスを崩しまくりましたが
それでも

力は受けることができました

くせとか習慣をとるのは大変です
おもいきって
極端に逆にやってみるってのは
いいかもしれません

板の上にきおつけのように
真っ直ぐ立つってのもひとつの方法です
まちがいなく転びますが
波ってこんなにパワーあるのだと
感じるにはいい方法です

上手い人は
小波のとき
力をのがしません

逃さないようにやってみましょう





#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/
posted by 田地 悠平 at 18:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

バックフットサーフィンの教科書的サーフィン

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


これくらいのパフォーマンスができれば
ビーチのヒーローですね

最高の教科書です
典型的なバックフットサーフィンで
まったく癖がなく
完璧なサーフィンをしています

かといって
決して難しいパフォーマンスを
しているわけではない

基本に忠実でうつくしい見事なサーフィンです
まずは
というか
これを最終目標としても
いいのではというくらい

中級者が
前足くんを脱却して
バックフッターになるために
最初に目指すところですね
ものすごくわかりやすいです

軸は前足の後方30センチ位のところにある

後ろ足を踏んだりひきつけたりして
サーフィンしています

見事なバックフットサーフィンです

レールの切り替えも見事ですね

0:14あたりからの
ボトムターン
切り替え
トップターンの流れは
最高です

スローでもみれますので
何度もみてください

トップターンの前半分から
完璧にレールがはいってる
切り替えが見事だからに
ほかなりません

ボトムで後ろ足を踏む
前に荷重が移動して斜面を上っていく
丁寧にレールを切り替えつつ
トップに入る前は
後ろ足が再び曲がり
前半から踏み伸ばしていきます

美しく
基本的です

4拍子のアップスです

ボトム
切り替え
トップ
切り替え

0:14からみてください

超トッププロのはすごすぎて
参考になりませんが

トッププロの幼少期のは
参考になります

ご存知だと思いますが
これは女子トッププロの
マリア マニュエル
です

ここから彼女のキャリアは
始まっています

まずはここを目指しましょう








#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/
posted by 田地 悠平 at 13:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

見事なまで基本に忠実なアップス

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html

昨日のブログの動画をもう一度
みましょう

ショルダーが張っていない波で
アップスをかけています

いっぱつトップターンをして
そのあとカットバックをして

波がたるくなってきて
つなぐために
アップスをします

波がたるく切り立ってないので
つま先側で踏んで
かかと側でも踏んで
加速しようとしています
いわゆるしごくという動きですが

こんな若い子が
両方のレールを使って
つま先側でも
かかと側でも
踏んだほうがよくねえ
って感じでやっていることに
感動すら覚えます

0:22から
つま先
かかとと
踏んで踏んでを繰り返し
スピードが出た時点で
カットバックをしています
0:29あたりです

カットバックに
自然に入れるのは
レール
フラット
レール
フラット
という流れを常にやっているからです

カットバックのときは
かかと側のレールを長く入れるだけなので
全部アップスの延長線上にあります

この動き
見ていると簡単そうに見えますが
かかと側のレールをしっかり
踏みながらこれだけ使える人ってのは
そうはいません

彼女はこのころから
それができていて
それをやりつづけて
やがてCT入りしたのです

私はもうこの感じのアップスはできますが、
もしできていないなら
この動画だけを
あながあくまでみて
この練習をしまくります

それほど
基本に忠実で
ものにしたい動画です

4拍子のアップス
ぜひものにしましょう






#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/








posted by 田地 悠平 at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする