サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2009年09月04日

力の拮抗

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ



ウエさんから書き込みで思い出しました。
忘れないうちに書いておきます。
ウエさんありがとうございました。


体の中心に近いより小さな力で
板を動かす感覚がでてきてから
板が良く動くようになりました。


ふつうは安定を求めると
広く低くになります。
それで安定は得られますが
動きづらくなります。


技のためには動けないといけません。
そのために力をどんどん集約していく感じになります。
まずは体幹部分に力を集約しましょう。
体幹とはどこか。


田地メソッドの概念でお伝えします。

■みぞおち〜骨盤まで(いちばん下の恥骨まで)

とします。


まずはここに力を集約します。
よくがちがちに力を入れてください。
と書いていますが
この部分を固めるイメージと思って下さい。


ここを締めます。

まっすぐ立ってください。
まずは腹筋からいきます。
腹筋を締めます。


左右から締めます。
6パックってご存知ですか。
ボディービルダーの腹筋って
6個に割れています。
あれを6パックっていうんです。


左右にそれぞれ3個づづあります。
その3個を縦に出来たラインに向かって
内側に集めるように絞ります。


開いた本を閉じるように
左右の腹筋を内側に締めます。
これで前は締まりました。


次は背中側です。
ここではお尻を意識します。
腹筋を締めたことによって
お尻が開いています。


次はそれを締めましょう。
お尻の穴を締めます。
すこし下の話になって恐縮ですが


便意をもようしたとき
それを我慢するように
お尻の穴をしめてください。


体幹上部は腹筋でお腹側の中心に向かって締めます。
体幹下部はお尻の筋肉をつかって背中側の中心に向かって締めます。


これで力が拮抗して
かなりの力が集約しています。


仕上げは縦です。
恥骨です。
恥骨の部分上体の一番したです。
前後の中心でもあり
左右の中心でもあります。


この部分を体の中心に丸めこむように
入れます。
お腹の中に入れ込むような感じです。
骨盤を空にとよく言っていましたが
この動きです。


これをすると少し骨盤が空の方に向かって
動きますよね。


これで完成です。

上部は腹筋で内側に
下部はお尻で内側に
これで前後の拮抗がとれています。


そして仕上げに下から
内側に。


どうですか。
体幹部がカチカチでしょう。
体の力がここに集約されました。
この集約された部分を使って
サーフィンをコントロールします。


多分ダンサーはこの感覚持ってるのではと思います。
腹筋とかお尻とか凄いですからに彼らは。
動きがとても柔らかいですが、
それが全身の力を抜いているから
ということにはなりません。


体幹はとても大事です。


もう一度話を戻します。
お腹だけ締めた状態に戻ってください。
お尻も
恥骨も緩めてください。


そして今一度ゆっくりお尻の穴を締めてください。
ゆっくりです。
そのときに太ももに意識を持って行って下さい。
外側に開きますよね
外転する感覚解りますか。


もう一度お尻緩めてください。
そしてゆっくり
太ももに意識を持って行きながら
お尻の穴しめてください。


どうですか
外に向いたでしょう。
この感覚とても大事なんです。
何度も確認してください。


これは当然そうなります。
お尻を締めると骨盤の前の方は開くと言うことです。
するとそれに連動して太ももは外に開きます。
外転するということです。


この感覚とても大事です。
何度もしてください。

ふともも外に向くでしょう。
カッコ良いでしょう。
この姿最高にクールです。

とてもスポーツが出来そうです。


そこからもう一発行きましょう。
さらに太ももを開きます。
外転させます。
どうするか
もうお分かりですね。


恥骨です。恥骨を体の中に入れます。
お腹の中に入れていきます。
そのときも太ももに注目してください。


ゆっくりともういちどおこなってください。
どうですかさらに外転するでしょう。
何度もやってください。
さらに外に向けてください。


同時に骨盤にも注目です。
お尻が締まり
骨盤が空に向けて回転するでしょう。
何度も何度も
確認してください。


骨盤が空に
ふとももはさらに外転。
がちがちでしょう。


凄いかたいでしょう。
それが対幹です。
軸と言われるものです。


ちょっとそれで歩いてみてください。
歩けましたか。
ロボット見たいでしょう。^^


にわかには信じがたいと思いますが
私はそれでサーフィンしています。


それでH2Bをしています。


それで動けるのと思うでしょう。
大丈夫です。


ちょっとまって
H2Bって
太もも内転するっていうてたやん。


それを外転って。
今まで内転してたのに間違ってたん。


いや合っています。
勘の良い方ならもうお分かりですよね。
H2Bは太もも内転です。
間違いないです。


そのあたりについては次回
お答えします。


もうおわかりですよね。
ヒントは
力の拮抗です。


次回までひたすら
この体幹づくりに精をだしてください。


ドラゴンボール孫悟空の元気球ってご存知ですか。
地球上にある色々な気
エネルギーを
集めてきます。


それを集めたのが元気球です。
それで相手を倒します。
物凄いパワーです。


そんなかんじで地球の力を
あなたの体幹に集めてください。


腹筋
お尻
恥骨
を締めてあつめてみてください。


ミックはおそらくこうしてサーフィンしています。
意識か無意識かは
不明ですが。


次回までに締めまくってください。


では。


今日のはかなり画期的な記事です。
力を抜いてリラックスと言う記事がほとんどの中、
スポーツするのに
力を入れろって
凄くないですか。


では。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


posted by 田地 悠平 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック