サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2009年10月03日

イメージが全くわかないらしい

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ



恒例の月末月初缶詰め会議が終わりました。
仮決算時期の9月と言う事で
その忙しさは半端ねえ
でした。


気を取り直して
サーフィンです。


かねてからの友人が
弟子入り志願してきました。


私と弟子たちとの会話を聞いて
何とかサーフィンをもう一度
やり直したいという思いからの
申し入れです。


本気でH2Bをやる気があるかを
確認したうえで
弟子入りを認めました。



まず陸上でH2Bをやってもらいました。



泣きそうな顔をしていました。
目がてんになっていました。



「たたた田地さん。うそですよね。
これでサーフィンするわけではないですよね。」
としきりに言ってました。



これでします。
サーフィンの本質がそこにあります。
あいつも、あのこもこれを徹底的に
しました。



だからサーフィン変わったんです。
とわたし。



新弟子は途方に暮れ笑い出しました。
「いや絶対にない。ありえない。」
はやくも脱退しそうな勢いです。



この姿勢でサーフィンするイメージが
彼にはまったくないのです。
どうやって走るのか
どう曲がるのか
全くイメージが
わかないようです。



かれはサーフィン上手いです。
良い感じに乗ります。
でもこの感覚がないんです。



逆に上手いので
今まで上手くいってたので
なおさらです。



ある程度できている人がいます。
そのひとがより上手くなろうとしています。
普通は何かを加えれば
よりうえにいけると考えます。
そしてそんな例も多いです。


でもここはちょっと違うんです。
まったく違う感覚を
とりいれないといけません。



ここが一番大変なとこです。
いままで何年もかけてそこまで
きました。



それを捨てろと言われているような
ものですから。
(実際は違います。捨てません。今までの
技術は大いに使います。)



このブログを読んで
実際に取り入れる方って
そんなに多くないと思います。
それほど違和感があり
得体の知れぬものです。



実際に目の前で
何度も説得して
無理矢理でもやらす感じで
ようやくです。



H2Bとりいれるかどうかは
皆さんのご判断にゆだねます。



おそらく間違いないです。
絶対にあっています。
H2Bは。



是非ともご採用ください。
本能との戦いに勝って
是非このH2Bをご採用ください。
あなたのサーフィンが激変します。



いよいよ5日から
有料のメルマガを使った
「バックフッター養成塾」
がはじまります。


10月の3回はH2Bを徹底的に
やります。


弟子に教えるように徹底的に
やります。
これやらな知らんよ。
これ出来ないとうまくならないよ。



くらいのスタンスで行きます。
塾ですからね。


当月は無料です。
登録して
10月の3回だけ読んで
10月中にキャンセルすれば
お金は一切かかりません。


当月無料とは


この機会に塾の創刊号を
是非手に入れてください。



バックフット養成塾とは


新弟子はサーフィン上手いです。
スタイリッシュなサーフィンを
します。



その彼にH2Bを伝えた時の
彼の顔が忘れられません。



してやったりです。



ちょっとまって
田地さんって
こんな感覚でサーフィンしてんの
ありえへん。



では。



基本.jpg


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック