サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2010年05月08日

ご質問にお答えして

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


今週の月曜日発行のメルマガは大100号でした。
記念号ということで皆さんへリクエストしました。
何かコメントをくださいと。


おかげさまでたくさんの方からメールをいただきました。
いま順番に返事させていただいています。まだ返事が
ないという方返事は必ず書きますのでしばらく
お待ちください。


そのなかで質問もたくさんいただいております。
それを読者の方の許可をとって
ブログ上で回答することにしました。


しばらくは質問回答シリーズにしようと思います。
(本当にシリーズ化するかはいつもの通り微妙です。
ふーん。くらいに聞いておいてください)


では早速。
【質問】

■後ろに乗る最大の理由は何ですか?


いきなり田地メソッドの本質・核心をつく質問で
とても喜んでいます。ご質問いただいた○○さん
ありがとうございます。


最大の理由ということは、一番重要なひとつという
ことなんですが、ひとつに絞れないのでいくつか書きます。


まず、私の持っているサーフィンに対する概念を書きますね。
サーフィンというのは波の上にマニューバーを描くスポーツです。
マニューバーはターンの連続で出来ています。


アップスもボトムターン・トップターンもカットバックも
ターンです。エアーも波の外にターンを描くイメージを持って
います。


マニューバーとはこれらを連続させたものです。
ということはサーフィンにはターンが必要だと
いうことです。


ターンするには後ろ足に乗らないと絶対にターンに
なりません。ここでいう私がターンと認めたものという
注釈がつきます。


前足に乗ってレールをいれてもターンします。
それもターンですが、田地メソッドではそれをターンと
言いません。ターンには前後の動きがともなうからです。


ずっと前足に乗っているのはターンではありません。
ターンを半円とするならそのなかで必ず前後の動きが
入ります。


前から入って後ろに抜ける感じが必ずあります。


という理由から後ろ足には絶対に乗らないといけない
ということです。



私が「サーフィンは後ろ足だ」と強調している理由は
伸び悩んでいる中級者で後ろ足にほとんど乗らず
サーフィンしている人が相当数おられるということから
です。


もちろんサーフボードの上に両足で立っているわけですから
後ろ足にも当然荷重しています。0というわけではありません。
ですが
前足に乗り過ぎている人が圧倒的に多いんです。
それを私は前足荷重過剰症候群と言っているんです。


上手い人は必ず後ろ足に乗っています。
サーフィン中は激しく前後に荷重を移動しています。
でも伸び悩んでいる人の多くは後ろに乗っていない。


私が前足に乗りなさいと強調している理由です。


まとめると
後ろ足に乗る必要がある最大の理由はターンのためです。
そして
それを強調する理由は
後ろ足に上手く乗っている人が少ないからです。


ご質問のお答えになっていますでしょうか。
また他の読者のみなさんにおかれましては
参考になりましたでしょうか。


私はこれからも後ろに乗る大切さを延々と
説いて行きます。


そういえば初期のメルマガは必ずこの言葉で締めていました。

「皆さん前足に乗り過ぎては駄目ですよ」


これからもがんがん後ろ足に乗りまくってください。
100%後ろくらいのイメージでも大丈夫です。


私の弟子の話は先日書きましたが、腰は
ミリ単位で徐々に前に動いて行きます。


ラウンドの始めと
終わりは
H2Bでお願いします。


H2BにはじまりH2Bで終わる。
以上よろしくお願いします。


では。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 07:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

弟子の話は有料メルマガでございますよ。

教授が前々からおっしゃっていたことがようやく理解できました。少しずつ骨盤が下を向き、腰が前に出る、と。そして前に出はじめた瞬間は調子がよくなったように感じると。

何回も読んでいたのに、『わかっていたつもり』なだけだったと猛省中でございます。

新しいことを覚えるのも全てH2Bからです。3拍子もSの字も岸側のレールも全て、全てH2Bの土台から作っていかなければいけません。

今日はH2Bを改めて強烈に意識しました。H2Bやりたいんだけど、パワーゾーン抜けちゃったからカットバックしたり、ボトムに降りすぎたからボトムターンしてトップでもターンみたいな感じで。

かなりいい調子です。

H2B、1,000回ですね。修行します。


Posted by JJB at 2010年05月08日 20:45
JJBさん
こんにちわ。


いつも書き込みありがとうございます。
ご指摘ありがとうございました。てっきり無料
メルマガで話していると思っていました。


猛省されているのですね。素晴らしいです。
自分の出来ていない部分を指摘されてそれを
受け入れるのってかなり大変なので
すごいと思います。


無意識の部分の書きかえって本当に
大変なんです。すぐに昔の動きに戻ってしまい
ます。


現状を維持したい変わりたくないというのが
大きいんでしょうね。


わたしもH2Bの大切さを
あらためて感じております。


次回海に行ったとき後ろに乗りまくりたいと
思います。


では。



Posted by 田地 悠平 at 2010年05月11日 06:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック