サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2010年07月04日

メモは必携

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

すぐ忘れるんです。
ひらめいた事思い出したこと
降ってきたことをすぐ忘れてしまいます。


最近ひどいんです。
年のせいなのかもしれませんが
おそらくそれも少しありますが
違います。


脳がそうなってきたんです。
この3年ほど私はメモを常に携帯しています。
そして思い出したことや降ってきた事を
すぐにメモに書きます。


そうすることによって忘れることを脳が覚えてきたのかもしれません。
すぐに書くことによって脳をあける。
考えるスペースを空けるようになってきたかんじです。
それが加速してきた。


ですので思いついて
メモをすぐだします。
ですがその瞬間に何かに意識が向けば
思いついたことが飛んでしまいます。


書こうとしてメモを開きます。さっき書いた
文章に気をとらわれたら忘れてしまいます。
真剣勝負です。
一瞬でやられますから。


でも大事なことならまた出てきます。
脳の無意識な部分には残っているからです。
また出てくるでしょう。
でも自分で引き出せないからね。


だから書きます。
やっぱり年のせいかなあ。


なので最近は枕元にも置いておきます。
夢で見たことを
書くためです。


今日の朝目覚めた瞬間降ってきました。
サーフィンは後ろ足に次ぐ
2番目に重要なことです。


それは明日のメルマガに書きました。
比較的大切なこと
プリンシプル(原理・原則)的なものは
メルマガに書きます。


残したいというのがあるからです。
なのでメルマガ読んでくださいね。
登録まだの方は是非。

http://www.mag2.com/m/0000249855.html


基本不定期ですが
ここ半年くらいは
月曜日の9:00に定期配信しています。


明日の朝9:00をお楽しみに。


ワールドカップ日本代表が帰国しました。
私は本田圭祐と松井が好きです。


理由は姿勢です。
すっとたっていて
股関節周辺の力の入れてる感じがたまらなく
美しいんです。


背中からおされるように動いている感じが
凄くするんです。


転ばないし視野が広いですね。
古くは中田英寿 小笠原みつお何かも素晴らしいですね。


後ろから押されて
おいおい押すなよおー
と言いながら足が前に出る感じ。


そんな感じで動いています。
サーフィンも背中をはじめとする
裏側の筋肉を多大に使うスポーツです。


彼らの姿勢から学べるものは多いです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155375285

この記事へのトラックバック