サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2010年08月03日

背中側へのターン最初の一歩

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


背中側へのターンで
一般的にあまりのべられていないのに
とても大切だと思っていることを書きます。


背中側へのターンで一番最初に
意識するのは板を傾けてレールを入れることでは
ありません。


これをすると板への圧が一瞬減り無駄な動きとなってしまいます。


サーフィンのターンで一番大切だと思うのは
軸が板の真上にあることです。


ですので背中側のターンでも
まず最初に軸を板の真上にあるというのを
確認する意味を兼ねている動きをしていただきたいのです。



それが
前足太もも前面と胸をひっつける動きです。
普通は背中側のターンだとこの形をイメージすることが
おおいです。


実際にこの形は背中側のターンの体勢としては理想的です。
上手い人のターンにはこの形が必ず出てきます。


トップターン.jpg


ですがこの形も
いつも書きますが
結果的にでてきた形なんです。


この形が理想だからと
この形を目指すと
この形にはなりません。


この形をつくるための動きは
まず胸を前足太ももにつけます。
前足は伸ばした感じです。
(体が固い人は曲がってよいです。わたしも硬いので曲がります)


おしりは天高くあがり
頭は下にさがっています。


その体勢でさらに前転するように頭を下げて行きます。


するとバランスをとろうとして体が
背中側のレールの方向に倒れて行きます。
徐々に板が傾くと
体が起きてきます。


胸と足が離れ
このような
理想的な
形になるんです。


トップターン.jpg



背中側へのターンで一番最初にやるのは
前屈です。


続きはまた。
まずは胸と太もも前面をひっつけてください。








メルマガ登録まだのかたは是非


http://www.mag2.com/m/0000249855.html




毎週月曜の9:00に配信します。


http://ameblo.jp/sturf420

ツイッターやっています。
是非フォローしてください。


登録はこちらからです。


http://twitter.com/


ここで登録してから
私をフォローしてください。


https://twitter.com/uhey_taj





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
posted by 田地 悠平 at 07:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
後ろ足の膝を落とす動きと同時に頭を下げて前足と胸をつけていますが、どちらかというと頭を下げる動きの方が先でしょうか?
Posted by JJB at 2010年08月09日 12:14
JJBさん

書き込みありがとうございます。


どちらかというと頭を下げる動きのほうが後です。絶対にあとです。


何度も陸上でやってみましたがひざを落とす動きのほうが絶対に先です。


それにつられて上体が被る感じです。
骨盤を上に向けて後ろ足一本でこの動きをしてください。


前足が体の前に放り出されるでしょう。バランスを取るために上体が後ろに倒れそうになります。倒れたくないので上体をかぶせるんです。


すると前に過剰に重心がかかりますよね。それを戻すために体全体が後ろに倒れれーるが入ります。


おーありがとうございます。書いているうちにカットバックで何故前転するのかが論理化できました。


本編で書きます。

ありがとうございました。
Posted by 田地 悠平 at 2010年08月12日 09:48
自分のイメージと合っていました。
よかったです。

言葉尻ばかり細々と申し訳ございませんが、背中側のターンの第一歩(逆もそうですが)は、後ろ足の膝を落とす動きですね。

で、その直後に太ももと胸をひっつけると。

お返事ありがとうございました。
Posted by JJB at 2010年08月12日 14:39
JJBさん

書き込みありがとうございます。
そうです。


まず足で間違いないようです。
おかげさまでまたひとつ論理化できました。
ありがとうございました。
Posted by 田地 悠平 at 2010年08月15日 08:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック