サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2011年01月03日

犬も骨盤立てるときがあります。

にほんブロ

グ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


今日散歩してたら
犬も散歩していました。


犬っていつもきまった場所で用をたすのですかね。
畑のはしのほうで犬がおおきいほうをしていました。


犬はいつも4本足であるいています。
お尻の穴は横を向いています。
用を足すときはそれを下に向けないといけません。


そうです。
かんのするどい読者の方ならもうおわかりでしょう。
寝ている骨盤を
立てないといけないのです。

彼はおしりのあなを下を向けるために
骨盤を
思い切りたてていました。


あの感じはかなり
サーフィンで骨盤を立てる感じに近いですね。


この立てる感じがわかれば
サーフィンかなり変わります。


でもイメージするのは相当大変です。
骨盤を立てて
ボトムターンをしろと言われても
どの方向に力を加えればよいのか
まったくイメージがわかないのです。


ケコアカジメロやコリーロペスの骨盤を見てください。
何度も見ていればわかってくるかもしれません。


足首・膝・股関節を曲げてのボトムターンと
足首・膝はかるくまげて
股関節は曲げない
ボトムターンですから
まったく違いますね。


どっちでもサーフィン出来ます。
どちらでも最高のレベルまで行けます。
なので
優位性はない。


好みです。
私は断然骨盤は立ててたい。


あなたはどっちですか。


まちで犬を見かけたら
用をたすまでみてみてください。


尻尾を丸めて体の中にいれる
あのかんじ
相当勉強になります。


では。






にほんブロ

グ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ







posted by 田地 悠平 at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。最近コメントしてばかりですが、今回の記事はかなり届きました。
田路さんはどこまでサーフィンを考えているんですか?
ちょっとこんな事考えつけないですよ。
凄いです。
Posted by ウエ at 2011年01月08日 00:11
ウエさん

いつも書き込みありがとうございます。
コメント頂けるとこちらもテンションがあがります。これからもガンガンお願いします。


記事がかなり届いたようで良かったです。
どこまでサーフィン考えてるのというご質問ですが、どこまでもという感じですね。


板が思い通りに動かせるあの感覚を皆さまにお伝えしたくていろいろな角度から表現することをいつも考えています。


餃子の王将のフライパン
井戸のポンプ
そして犬のおしり


100人いれば100人の脳があります。そのなかに詰まっているデーターは当然違います。


ですのでひとつの表現がピンとくるひととこない人があるんです。


なので出来るだけ色々な表現で書いてます。


色々書くとあらたな発見もあったりするので楽しいです。


今回はウエさんに届いたのでとても良かったです。これからもいろいろ書いて行きます。

よろしくお願いします。
Posted by 田地 悠平 at 2011年01月09日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック