サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2011年01月10日

フロント腰のアップス

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


フロントサイドの腰波。
まあまあ速めの波。
アップスでかっ飛んで行って
最後にエアーかローラーコースターの
イメージです。


最後に技をかけるために
充分スピードをあげるイメージしてください。
板を踏みまくって加速すると思います。


私のイメージです。
張っている波なのでショルダーがはっきりしています。
そのショルダーのライン(横に続くライン)の高さに腰がずっと
重なり横に進んで行く感じを持っています。


波が腰なので
ボトムからショルダーが足の長さになります。
板がボトムにあるとき足を延ばしたら腰が
ショルダーにきます。


その状態から腰を固定して
足を引き付けたり伸ばしたりして
アップスをします。


このときヒップバッカーの上体は腰辺りから丸く曲がり
上体は起きていません。


極端に書くと腰から背中のラインが
ショルダーのラインに重なり
足だけが伸び縮みして横に進んでいく感じです。


足を伸ばして踏むときに上半身が起き上がるイメージは
ありません。


みなさんはどんなイメージですか?







にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ







posted by 田地 悠平 at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。

いいですね〜ヒップバッカー!HN変えます。

フロント腰波アップスン、かなり分かりやすいです。踏んで踏んでというより、抱えこむ方がメインみたいな?感じが伝わります。

ところでバックサイドはどうなんでしょうか?
Posted by 湘南@ヒップバッカーボーイズ at 2011年01月12日 19:28
湘南@ヒップバッカーボーイズさん

 書き込みありがとうございます。ハンドルネームまで変えていただきありがとうございます。元バックフッターボーイズさんにそう言っていただけたら使える気がしてきました。がんがん使っていきたいと思います。
 バックサイドですよね。貴殿の書き込みをきっかけに考えてみました。バックサイドも抱え込みの感じがあり同じでしたね。
 でも同時に違いにも気づきました。ありがとうございます。この違いに関してはまた近いうちに本編のほうで書きたいと思います。
 
Posted by 田地 悠平 at 2011年01月16日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/179931689

この記事へのトラックバック