サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2011年03月07日

禁断のH2BR

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html



ついに待望のヒップバッカー公式ファンサイトが立ち上がりました。Facebookが流行っているので、流れにのってはじめて見ました。いつまで続くかわ

かりませんが是非一度お立ち寄りくださいませ。




http://www.facebook.com/pages/HipBacker/186811751356210



禁断の型H2BR。


H2BRって自分でも何だったか忘れるほどに
触れていません。禁断の技なんです。
お弟子さんからツイッターで
「H2BRってなんで禁断なの?」
って聞かれて久しぶりに思い出しました。



H2BRというのは実践でつかえる
ヒップバッカーの基本形です。


H2Bも基本だけど実践では使えません。
あくまでも矯正のためのものです。
(これは前回も書きました)


でそれを進化させ
実践で使えるようにしたのがH2BRです。
だったらとっとと紹介してよ。
となりますよね。
でも駄目なんです。
禁断だからです。


何故禁断か?


答えはずばり
腰が前に行くからです。


H2Bの基本姿勢より
おしり半分分前に行きます。
H2Bをさんざんやり
前足君の矯正を終えた人が
この
H2BRを入れると
すぐに元に戻ります。


それだけ危険な技なんです。
これに取り組めるのは
H2Bを完全に自分のものにした
人です。


私は大丈夫です。完全にものにしましたから
前に行くことはあっても
脳がそれを拒否します。
H2Bが当たり前になったからです。


無意識下に行かせる。
習熟したと言えるでしょう。


これが出来ていないと
H2BRに手を出しては駄目です。
本当に簡単に壊れます。


やっと後ろにした腰を
おしり半分分前にだした状態で
同じことをしないといけないんです。


腰をおしり半分分前にだした
状態で後ろ足中心のサーフィンって
これまた難しいんです。


でもこれが出来たら
もう大丈夫でしょう。


H2BRは前足も曲がった自然なスタイルです。
よりオーウェンやミックに近いスタイルになるでしょう。


H2B H2B って前足あんな突っ張ってるプロおらんやん。
というかたにとっても自然でしようこのH2BRは。


というわけで
われわれが目指す最終形はH2BRです。
問題はそこに行くタイミングです。


もし
自分は完璧にh2Bをマスターしているというかたは
チャレンジしてください。覚悟して
トライしてね。



H2BRが禁断なのはそのせいです。
恐ろしいですね。


では。




facebookもよろしくお願いします。



http://www.facebook.com/pages/HipBacker/186811751356210




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ







posted by 田地 悠平 at 23:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして。
H2BRの具体的なやり方、態勢はどうするのですか?
Posted by ハヤチン at 2011年04月28日 08:52
ハヤチンさん


はじめまして。
書き込みありがとうございます。


H2BRの具体的なやり方って
そういえば書いていませんでしたね。
どっかでちらっと書いたのですが
それがどこだったか覚えていません。
すみません。


禁断と思わせぶりに書いといてその全貌をあきら
かにしないのは、思わせぶりで駄目ですよね。
それなら始めから書くなよ
となりますよね。^^


H2BをマスターしてからH2BRに行って欲しいので禁断としましたが
書かないのは卑怯です。


本編で近いうちに書きます。
今しばらくお待ちくださいませ。


このたびはご質問ありがとうございました。


ちゃんと書きます。
表現しきれるか
が不安ですが
がんばります。

では。
Posted by 田地 悠平 at 2011年04月29日 08:10
お久しぶりです。
諸事情でサーフィン出来てなかったのですが、最近復帰したので、
右骨盤を引き上げるサーフィンをずっと試していました。

結論から言うと、最高です!
H2BRの完成なのではと思うほどしっくりきています。
体全体、板との一体感が確実に上がって、減速加速、ターンともにとても楽になりました。

しかし、私は上半身リードのサーフィンですが、田路さんの影響が大きく、
最近はたぶんヒップバックスタイルのH2BRでやっています。

そこで質問なのですが、ヒップバックスタイルのH2BRで下半身ではなく、
上半身リードでサーフィンする事はどうでしょうか?

個人的にはしっくりきているのですが・・・
Posted by ウエ at 2011年04月29日 09:51
ウエさん


いつも書き込みありがとうございます。
書き込みがマニアックになればなるほど
ウエさんからコメントをいただける率が
高くなるように感じております^^


ですので
ウエさんは典型的なヒップバッカーと思いこんで
いましたが
そうでした
ウエさんは上半身リードのスタイルでしたね。


でも最近は
H2BRを基本姿勢としていただいてるのですよね。

でご質問の件です。
かなり回答に困難を要しました。
相当考えました。


H2Bがフロントフッター ヒップバッカーに共通して使える姿勢とするなら
H2BRもそうで、
だから
上半身リードでよいのかも
知れないという仮説も入れて
考えました。

結論は
やはり
無理ではないが
相当な技術を要するという
ものになりました。

というのは
H2BからH2BRにしたとたん
縦の動きが入ってきます。


わき腹を縮める動きが
骨盤を上下に分割して動かす
ことにつながります。


一方で
上半身でリードというのは背骨を中心にした
よこの動きです。


骨盤の動きが縦なので(というより3D)
なのでどこかで
横の動きを縦に変換しないと
いけません。

肩の開きで
動きを作ると
その動きが
腰に伝わります。


意識しないと
腰の動きは
横の動きになります。


その時点で
H2BRのメリットが消えちゃいます。


そういういみでは
ウエさんは
出来る可能性は高いです。


H2BRで動き出しているので
腰の動きまではすでに
出来ているからです。


そのあとで
上半身
おそらく肩の開きで
板を動かしていく感じに
ウエさんの場合なってると
思うんです。


だから問題ないですよね。


ただ
普通は
肩の開きが


あしまで 
影響するので
横回転の動きになりやすいと
思います。


もちろんですが


に優劣はありません。
好みです。


ただ両方混ざると
かなり複雑になり
難しいと思います。


それを踏まえると
H2BRの上半身リードもありだと
思います。


ただこれは私の主観ですが
H2BRを突き詰めて行くと
下半身から動き出すのが
快感になり
上半身でリードという
感覚が徐々に薄れて行く
と思うんです。


私はオフザリップのとき
上半身を開いたり閉じたり
しますが
その動き自体で
下半身を引っ張る感覚はありません。


あくまでも
下半身で生み出した
板の動きをさまたげないように
導く感じで
開いています。


「ノーズさん。ここまでは来ていいよ」
という感じです。


参考になりましたか。
また
ご意見あればお願いします。


H2BRいいでしょ。


では。
Posted by 田地 悠平  at 2011年05月04日 09:23
とても丁寧なご回答ありがとうございます。

文章が稚拙で、後で読み返して伝わるか不安だったのですが、
まさに欲しい回答でした。
ありがとうございます!
確かに「テイクオフ→H2BR→上半身」になっています。

実は骨盤上向き&右腰を上げたH2BRは凄くしっくりきているのですが、
テイクオフ直後、アップス、フロントのカットバックで
たまに上半身リードと下半身リードが混ざってしまう違和感があって迷っていたんです。

この回答を頂いてからずっと考えていたのですが、
私はきっと下半身リードのバックフッターになりかけているか、
田路さんが仰る通り感覚が薄れたり、快感になってきて
魅力を感じているのかもしれません。

>H2BRいいでしょ。
いいです!
本当に気に入っているので、このまま突き進んでみようと思っています!
体と板がひとつの固まりになって、シンプルな体重移動で体と板がターンするのがわかります。
しかし、混ざってしまうという事は不完全かなとも思います。

ですので、前述の理由や、板を動かそうと思ってから実際に板が動くまでが早い下半身リードか、
慣れている上半身リードなのか、最終的にどうするかは色々試しながら楽しく悩んでみます(^^

あと、今回の事で田路さんが以前おっしゃっていた、
「フロントフッターは2D」「バックフッターは3D」の意味がわかった気がします。
体の使い方からくる、板の踏み方の意識持ち方の違いの事なのではないでしょうか?

今回色々と嬉しかったので長文になってしまいました、すみません。
こちらは未熟者ですが、いつかお会いしたいです(^^
今後ともよろしくお願い致します。
Posted by ウエ at 2011年05月05日 20:35
ウエさん


ご丁寧にどうもです。
ウエさんののぞんでおられた
回答をお出しすることが出来て
胸をなでおろしております。


ウエさんは
後ろ足に乗るためにH2Bを
取り入れられ
そのまま上半身リードを
貫いてこられました。


ここにきて
H2BRを取り入れることになり
それがしっくりくると
下半身から動き出す感覚も味わった。


身体の中で二つが交差しているようですね。


おっしゃる通り
H2BRを取り入れると
一気に縦への働きかけ感が
増します。


その結果2D 3Dが見えてきたのだと思います。


あせらずじっくりやってみてください。
H2BRが無意識下に行くまで
やれば
何かまた見えてくると思います。


いつか
お会いして
とことん語り合いたいですね。


それまでは
オンラインで
よろしくお願いします。


では。
Posted by 田地 悠平 at 2011年05月07日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189458167

この記事へのトラックバック