サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2011年05月04日

H2BRです

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html



ハヤチンさんから
実際のH2BRとはどうやるの
というご質問を受けましたので
ここに明示していきたいと思います。


今まで書いてこなかったのは
理由があります。


1 腰が前に出がち


H2BRはH2Bの進化形です。
最終的にはこれを目指してもらうのですが
H2Bが完全に身についていない状態でやると
腰が前にでがちになります。


せっかくH2Bで
長年前にあった腰を後ろに戻したのに
これをやることで
再び前足君になるのを
さけたかったというのがあります。


2 動きが3Dになるので複雑


複雑系です。
H2Bはシンプルなので問題ないのですが
H2BRは縦の動きと横の動きがからみあうので
斜めの動きがでてきます。
3Dになるのです。


そうなると文章だけで表現するのが
非常に難しくなります。



以上のふたつがあったので書いてきませんでした。
ですが
書きます。


出来るだけ細かくいろいろな方向から
描写することで
2の問題はある程度クリアできます。


1に関してはご自身で決めていただければ
よいことで
私の範疇でもない気がしてきましたので
書くことにします。


禁断であることを充分お踏まえいただき
チャレンジしてくださいませ。


H2BRの”R”とは
realの頭文字をとったものです。


H2Bは実際のサーフィン中ほとんど出てこない
前足君矯正のための
特殊フォームです。


転じてH2BRは実際にサーフィン中に使おうと言う
ものですね。HBHFの手前に位置するものかも知れません。


でどうするのか
その前に何のためにするのか


腰を板と平行にするためです。
高さを平行ですよ。


ストリンガーに対して
真横を向いて乗れば
腰のラインは
ストリンガーに対して平行になります。


腰を開いて
正面を向けば
垂直になります。


ここで言ってる平行はこれでは
ありません。


高さです。
板から腰骨のたかさです。


H2Bだと平行にはなりません。
後ろ足をまげるので
右腰が下がり
左腰のほうがたかくなります。
(グーフィーは逆)


平行ではありません。


これを平行にしてくださいと
言うことです。


後ろの腰を引き上げれば良いのです。
前のわき腹を縮めます。


この動きによって
後ろの腰骨を引き上げるのです。


するとどうでしょう。
腰のラインが
板と平行になるでしょう。


これがH2BRです。


後ろ足への圧が減りますよね。
前足への荷重がさらに強まります。


強烈に前足に乗るための
ヒップバッカーの最終形
H2BRとはこういうことだったのです。


腰を後ろにステイしながら
前足に強烈に荷重する。
ミックがとっている
スタイルはおそらくこれです。


小波でのサーフィンには絶対に必要な技術です。
小波でH2Bでやると
途端に失速します。


すぐに前に荷重を移す必要があります。
そこで
H2BRです。


みなさんもいやというほど
経験されていると思うのですが
小波に乗ると
本能で
腰が前に動きます。


後ろに居たいのに
前に動いちゃうんですよね。


これを
避ける
唯一の方法が
H2BRです。


唯一ではないですね。
ひとつの方法がですね。


まあこれが出来ると
小波でガンガン加速することが出来
ラウンドハウスもできるようになります。


ただ
この骨盤をひょいと引き上げる
動きが
非常に難しいのです。


どこに力を入れたらよいのか
できているのかどうかもわかりません。


おいおい書いていきます。


まずはこの
骨盤の高さを
板に平行にを
やってみてください。


力が板の上に集約する感じが
感じ取れます。


180センチくらいある
板を
凄い小さな範囲でコントロールし
それが
板全体に届いている感じが
味わえます。


何でも出来る感覚です。


相当難しいですが
生涯追い求めるものと
して
頑張ってください。



いろいろやってます。



■初心者用ブログ

http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ

http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター

http://twitter.com/uhey_taj

■フェースブック

http://www.facebook.com/hipbacker





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ







posted by 田地 悠平 at 10:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりでございます。
震災で色々あり二ヶ月ぶりに波乗りしてきました。やはりサーフィンはいいですね。

久方ぶりだったので何も考えずはいったら、見事に前足君に戻りました(笑)。

小波だったのでテイクオフは飛び乗るわ、前のレールはつっかかるわ、思いっきり上体先行で当て込むわ…散々でした。

また歩くテイクオフとH2Bのやり直しです。

しかし、いとも簡単にもどるんですね…

H2BRはまだまだ先です…

小波が多い湘南のヒップバックは難しいです。
Posted by 湘南@ヒップバッカーボーイズ at 2011年05月08日 21:08
湘南@ヒップバッカーボーイズさん


ご無沙汰しています。
お元気でしたか。


サーフィン2カ月ぶりですか。
もどっちゃいますよね。
わかります。
本当に簡単にもどります。


完全に無意識下に行けるまでになれば
大丈夫なんですけどね。


自転車って一度乗れれば
長い間のってなくても
乗れるでしょう。


あの感覚まで行けば大丈夫です。


湘南でヒップバックは本当に難しいです。
でもマスターすれば恐ろしい武器になります。


めげずに頑張ってください。^^


このたびはレポートありがとうございました。


では。
Posted by 田地 悠平 at 2011年05月08日 22:06
ありがとうございます。

やはり、湘南でヒップバックは困難ですよね。
まず見ませんね、ヒップバッカーは。

キッズにはいますねやっぱり。後傾でノーズがバタバタあばれてます。

波待ちのとき、他の人のテイクオフを観察するのですがロングも含めてほぼ飛び乗るテイクオフですね。

歩くテイクオフはまず見ません。

自分では歩くテイクオフをしてるのですが、乗ると前足くんになっちゃいます。

しばらくはH2Bだけに専念です。

そこで質問なんですが、歩くテイクオフからH2Bに行くときなにかいい方法ないでしょうか?

なにか、強制的にH2Bになるような…サイズに関係なく。

宜しくお願いします。
Posted by 湘南@ヒップバッカーボーイズ at 2011年05月09日 19:52
湘南@ヒップバッカーボーイズさん

書き込みありがとうございます。
小波で後ろに乗ると
即失速ですからね。
難しいと思います。

でも頑張ってください。^^

小波で腰が前に行くのは
いわば本能です。
とくに湘南@ヒップバッカーボーイズさんの
ように上手い人は
乗った瞬間にそうなります。

一番いいのは
波に乗ろうとせず
テイクオフして
失速及び
波に置いて行かれるのを覚悟で
H2Bの体勢を無理矢理作ることです。

ダンパーのスープのところでテイクオフし
置いて行かれるのを
何回も繰り返します。

身体にH2Bを定着させます。
波が大きくなれば
これでも置いて行かれることはありません。


この形が定着すれば
次にするのは
波に乗ることです。


H2Bを維持したまま波に乗るには
二つ方法あります。


ひとつは後ろ足の引きつけです。
後ろ足をひきつけることで
前足に荷重されます。
それで進んでいく。


二つ目はHBHFです。
腰をおり頭を前足の
上方に位置します。


頭の重さが前足に伝わり
進みます。


二つのミックスもありです。


長年染み付いた前足君から脱出するには
これしか方法ないかもです。


3カ月もやれば
定着しますよ。


長いサーフィン人生です。
ここらで3カ月失速しまくるのも
良いかもですね。^^


今からやれば
台風シーズンにも間に合います。
是非お試しあれ

Posted by 田地 悠平 at 2011年05月10日 07:54
ありがとうございます。やっぱり田地さん最高っす!。

スープで練習!それ、凄いアイデアですよ!
4/20のベルズの記事にありましたね!スープでH2Bで帰ってくるという。テールで受けるというアレですね!

しかし、前足くんでなまじっか乗れるのがガンですね…私は上手くないですよ…

しかしこれはサーフィンにおけるイノベーションです!

なんたって“波に乗ろうとするな”“失速しろ”なんて、既存の概念を180度変えてますよ!

やっぱり、素晴らし過ぎます。

周りの知り合いが私がスープでH2Bで失速しまくってたら、気でもふれたのかと思うでしょうね(笑)。


ここらで一発失速します。急がば周りますわ!

ドダンパーの大きい波こないかなあ(笑)
Posted by 湘南@ヒップバッカーボーイズ at 2011年05月10日 21:35
湘南@ヒップバッカーボーイズさん

書き込みありがとうございます。
そうすか。ありがとうございます。こんなに褒められたらテンションあがってしまいます。
嬉しいです。この瞬間のためにやってるようなものですから。

イノベーションでしょ。
後ろに乗って失速スタイルをまず作ってしまう。
後は波に任せると言う感じですね。


波が大きければそれでも進むし
小さければ失速して
沈みます。


沈めるかどうかが
肝です。
3カ月我慢して
沈めれば
サーフィン変わりますよ。


腰が後ろに定着します。
加速を考えるのは
その後で良いです。


急がば回れです。
がんばれ

Posted by 田地 悠平 at 2011年05月16日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック