サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2011年05月14日

筋トレの基本 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html



他のコミュでウェートトレーニングの話題がでたので
少し書きます。


海に行けない分ウェートトレーニングしています。
海に行ったときにパドル力が極端に落ちたり
立った時に板を踏みまくれないのを
できるだけ回避するためです。


もちろん実際のパドルに使う筋肉は
ウェートだけではつきませんが
やるのとやらないのとでは
全然違います。


もちろんサーフィンしまくっているひとが
パドル力をアップするためにも
筋トレは良いと思います。


私が知っている範囲で基本的なことを書きますね。
詳しく知りたい方は専門のサイトにどうぞ。
また私の主観と選択が入っているので
実施されるときは
確認してから
もしくは自己責任でおねがいします。


まず筋トレは基本的に毎日はやりません。
やりすぎると良くありません。


ウエートトレーニングをするとします。
ベンチプレスにしましょう。


60キロのウエートを12回×3セットしたとします。
そうすると
上半身の主な筋肉



などの筋肉組織が破壊されます。


破壊された筋肉はその瞬間から再生に向かいます。
その再生にかかる時間が人によって違いますが48時間から
72時間とされています。


組織が再生されていない状態でトレーニングをしても
オーバートレーニングになるだけです。


48時間ですから最低丸1日開けないといけないことになります。
これは筋肉がでかければでかいほど回復に時間がかかるので
肩などの小さな筋肉は48時間かからないかもしれませんが
大きい筋肉の
胸や
お尻
背中
足は
回復に時間がかかるので
最低丸1日は開けないといけないのです。


今日トレーニングしたら
次に同じ部位をするのは
明後日以降です。


このときに筋肉組織内で行われているのが
「超回復」と言われるものです。


筋肉が重いウェートを持つことで破壊されました。
そのときに筋肉は思います。
「駄目だもっと大きくならないと、またこんな重いものを持たされたら耐えられない」

回復するときに前より少し大きくなろうとします。
これによって
筋肉が強く大きくなるのです。


これをいかして身体を鍛えるのが
筋トレです。


その回復時に絶対に必要なのが
プロテインです。タンパク質の事ですね。
肉や大豆に含まれています。


ボディービルダーがプロテインパウダーを飲むのは
そのためです。


普通は体重1キロあたり1gですが
ウェートをすると2gくらい必要とされています。
とり過ぎは身体に負担がかかるので
もちろんだめですが
とらなすぎも
身体が回復しないので駄目です。


食事でとり
たらない量を
プロティンでとります。


このあたりはもっと詳しいサイトがあるので
そちらにゆずります。


筋トレとひとくちにいっても
いろいろあります。

■筋持久力
■筋肥大
■パワー


その目的によって方法が違うと言うわけです。
長くなってきたので
また
あらためて
書きたいと思います。


毎日するのは
あまり良くないと言うことです。
(腹筋や下背部は毎日でもよい)





■初心者用ブログ

http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ

http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター

http://twitter.com/uhey_taj

■フェースブック

http://www.facebook.com/hipbacker





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ







posted by 田地 悠平 at 10:14| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。実際に、サーフィンの講習会などされていますでしょうか?
Posted by 信者1 at 2011年05月23日 21:16
信者1さん

書き込みありがとうございます。
サーフィンの講習会は以前
セミナー形式で会議室で行っていました。
海では行っていません。


今後も海でやることはないような気がします。
机上の理論を徹底して
海では忘れて
感覚でという部分も大切にしたいという
理由がひとつです。


あと
何人もまとまって
海に入ると言うイメージが私の中に
あまりないんです。


あと海上ではファンであるべきと思ってるので
講習というより
一緒にサーフィンしましょうという
感が強いんです。


会議室でのセミナーはまた
実施したいと思っているんです。


なんとか実現できればと思っているのですが
なかなかといった感じです。


興味おもちいただきありがとうございます。
何らかの形で
実現したいです。


ありがとうございます。
では
Posted by 田地 悠平 at 2011年05月27日 10:48
ご返事ありがとうございます。ご機会ございましたら、ぜひ参加させていただきたいと思います。楽しみにお待ちしております。
Posted by 信者1 at 2011年05月27日 20:51
信者1さん


ご丁寧にありがとうございます。現在セミナーに耐えうる体系的なものを作成中です。


完成したら開催したいとおもいます。
よろしくお願いします。
Posted by 田地 悠平 at 2011年06月07日 07:27
サーフィンは、うまくないとわかりませんよ。
Posted by at 2011年06月10日 18:52
書き込みありがとうございます。


おっしゃるとおり上手くないと見えない部分ってありますよね。理論と実践を信条としているわりに最近はとんと実践ご無沙汰です。


いくら分析が得意で理屈が好きだからと言っても限界がある気もします。


もっと上手くならないと駄目ですよね。まだまだ成長したいですし。


アドバイスありがとうございました。
モチベーションあがってきました
1級目指してがんばります。


Posted by 田地 悠平 at 2011年06月10日 20:52
書き込みありがとうございます。


おっしゃるとおり上手くないと見えない部分ってありますよね。理論と実践を信条としているわりに最近はとんと実践ご無沙汰です。


いくら分析が得意で理屈が好きだからと言っても限界がある気もします。


もっと上手くならないと駄目ですよね。まだまだ成長したいですし。


アドバイスありがとうございました。
モチベーションあがってきました。
もっと上手くなるべく頑張ります。


Posted by 田地 悠平 at 2011年06月10日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200954244

この記事へのトラックバック