サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2011年08月16日

トルク

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


腰の向きと
ストリンガーの向きが平行になるのを
トルクがなくなった状態と
呼んでいます。


私はこれをとても嫌います。
ヒップバッカーの多くの人もそうではないでしょうか。


ミックやジョディーもこれを極端に嫌っているように思います。
当然ラィディングの流れの中で
この腰が平行になる状態はでてきます。


彼らはそれを嫌いすぐに腰をオープンの方向に持っていきます。
腰を行きたい方向に対して45度くらいの位置に持って行って
それに合わせて板のノーズを向ける感じです。


進んでいく板に対して腰を開く感じというより。
(それだと行きたくない方向に、すなわち板のノーズが向いている方向に
腰を向けるので一瞬の無駄が出来る)


腰を行きたい方向に向け荷重を抜き
後ろ足の太ももの内転で板を行きたい方向に
向ける感じです。


動画を見る機会があったらみてみてください。


トルクがなくなると上体を動かすか
腰を開くかからしか
動きを再開できないんですね。


だから止まってしまう前にはやめはやめに
トルクを得るように動いています。


このトルクの感覚は難しいですが
何となくわかるようになってきます。
腰を45度前後開いて乗ってみてください。


■初心者用ブログ

http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ

http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター

http://twitter.com/uhey_taj

■フェースブック

http://www.facebook.com/hipbacker





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ






posted by 田地 悠平 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。