サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2011年10月16日

分析は主観です。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。
サーフィンの上達法について語っていますが
完全な独学です。
あってるかどうかもわからないので
自己責任でお読みくださいませ。


はじめてのかたは
こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


上手い人の動画や静止画
たまにあるインタビューをもとに
分析するしか
私には方法がありません。


ゴルフやテニス、スキーなんかもそうですが
そういった類の分析は昔から行われています。


実際に本人ではないので
本人がこうやってるであろうというのを
想像して
書くしかないわけです。


ですので
同じ動画
同じ分解写真を見ても
アナリストの
コメントは違ってきます。


もともと脳の中にある
言葉や表現も違うわけですから
違って当然なのです。


結果
このブログに書いてあることは
私の主観だけで
書かれている事になります。


これが正しいかどうか
概ね合ってるかどうか
皆さんに合ってるかどうかは
ご自身の判断にゆだねられるわけです。


是非充分検証いただき
ご自身の判断でトライしていただきたいです。


先日たまたま、私も分析した
同じ動画(タイガーウッズのスイング)を
分析している
アナリストの意見を聴く機会がありました。


同じ手の動きを見て
まったく違う意見になりました。
お互い譲りません。^^


「機会があったら、タイガーに聞いてみるわ」


と言うことで終わりました。


タイガーに聞いて答えてもらっても
それが正解かわかりません。


タイガーがこういう意志でやってるというのは
間違いなくわかりますが
それが
タイガーがやっている全ての動きを
表現していることにならないからです。


タイガーがやってると表現出来るのは
タイガーが意識的にやってることだけなんです。


タイガーが無意識でやっていて
とても大事なことってたくさんあります。


それは彼にはわかりませんからね。


イメージしていた結論にたどりつきませんでしたが
そんな感じです。


おたくは強いかも









■初心者用ブログ

http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ

http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター

http://twitter.com/uhey_taj

■フェースブック

http://www.facebook.com/hipbacker







にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ






posted by 田地 悠平 at 09:57| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!初めてコメントさせて頂きます、いつもメルマガの方も拝見し、勉強させて頂いてます!

私はいつもスケートでボウルを使って練習しています、ご意見を頂きたいのですが、フロントサイドでボウルの斜面を下る際に後ろ足の膝を引きつけ、内転し、前足は伸びています、上体は前足の膝につくイメージで顔は前を向いています。板は斜面に対しフラットです、この時に私は、後ろ足のかかとが浮いています、母指球と親指だけが板に触れていて、過重はされていません。前足一本で立っているような状態ですが、全体重が掛かっているわけでは無く、半分浮いているような感じです。骨盤の向きは進行方向を向いています。分からないのは、ここで後ろ足のかかとが浮いていて良いのか? です。後ろ足を意識しているのに、前足過重になり、いつも失速してしまう理由はここにあるのでは、と思い質問してみました、なるべく詳しく書いたつもりですが、イメージし辛ったらすみません!よろしくお願い致します!
Posted by 辛煮 at 2011年10月18日 07:27
辛煮さん

はじめまして。書き込みありがとうございます。また、いつもブログやメルマガをお読みいただきありがとうございます。とても嬉しいです。


丁寧におかきいただきありがとうございます。完璧な描写です。わかりました。


前足過重になり、失速するというのはおそらく前が詰まってインサイドレールの前がひっかかり抜けが悪い状態になるかんじですよね。


確かにこれは前足過剰です。ですが描写されているかんじだと腰が前に行ってる感じはしません。ターンの後半で状態がかぶったままになってるきがします。


トップからおりて行く姿勢としては描写されているかんじで完璧です。そのままターンに入ってボトムターンが終わる頃にはすこし状態は起きている感じの方がよいです。そうなるといたがスムースに抜けると思います。


抜けたら今度はそれに遅れないように体を持って行かないといけないのでサーフィンのレベルはまたあげないといけないのですが、詰まる感じがあるのは良くないのですこし体を起こして抜いてみてください。


そうすることで失速や引っかかりはなくなると思います。


あともう一点後ろ足のかかとが浮く件。
ボトムへ向かっているこのシーンに関してはオッケーです。


ただこれって癖になりやすいんです。スピードを出す必要背にかられると本能で腰が前にでます。


そのときに後ろ足のかかとと外がわが浮くんです。腰をより前にだしたいからですね。


わたしもずっとこの癖で悩まされました。


後ろ足で踏むときはべったり足の裏が板についている状態が理想です。そこから踏んだ結果つま先立ちになるというのは全然オッケーです。(プロもそのようになっている)


H2Bをやるときに後ろ足をおもいきりべったりつけてみてください。意外にできませんよ。どうしてもかかとと外側がうく。


H2Bで後ろ足がべったりついているようなら問題ないです。そのまま続けてください。


もしうくようでしたらべったりつけるように練習してください。


わずか数センチですが全然違う感覚です。より後ろでコントロールする感じがでます。


是非お試しください。


またわからなければお聞きください。回答になってないとおもわれたらお手数ですがまたお聞きください。


かなりいい感じでバックフッドされているように感じます。ひきつづきがんばってください。


では。
Posted by 田地 悠平 at 2011年10月19日 23:33
田地さんお返事ありがとうございます!

的確なアドバイスをありがとうございます!

すぐに試してみたところ、かなり改善されてきました!

後ろ足のトルク感が全然違います!

早く海で試したいと思います、また分からない事がありましたら、是非よろしくお願い致します!
Posted by 辛煮 at 2011年10月21日 11:49
ボトムターンなどのターンにおいて、後ろ足を内転するようにターンをする練習をしているのですが、なかなか上手くできなかったので後ろ足の角度を少し前方に向けたところ感じがつかめるようになってきました。
スノボで言うところのアルペンみたいな感じです。
この練習方法はどうでしょうか?あまり良くないのでしょうか?
後々変な癖がつくような練習方法であれば止めたいと思います。
Posted by 玉や at 2011年10月21日 12:37
こんばんわ田地師匠

アドバイス早速海で試しました^^

込み合っていてあんまり乗れなかったんですが、

1本だけテイクオフしてすぐに腹くらいの波が張っていたので、すぐにアドバイスを思い出していつもより鋭角に、いつもより返すのを遅く、リップを狙いに行きました。

その後は波がたるくて波においていかれましたが、そのリップ自体は今までよりもなんかできた気がしたので、ちょうど今回も弟と入っていたので聞いてみると、朝日の逆光であんまみえんかったけど、なんかできてたんじゃない!ノーズも見えてたしと言われました。

これはできたんじゃないかなもしやと思いました^^
これからもがんばります^^

Posted by SR杉本 at 2011年10月21日 18:23
田地師匠こんにちは^^

もう一つなんですが、うちのお店がどうやらYUのサーフボードをなくしていく流れのようです。

うちのボスはお前も発泡スチロール乗れと言います。

まだ確定ではないと思うんですが、みんながそっちのメーカーにどんどん変えていってるので、やっとYUのフラットッデッキに慣れてきた僕にとっては、次の板を考えるとどうしようと思います。

そっちのメーカーでフラットデッキをたのんだら、いい感じになるのか、ウレタン?EPS?
アドバイスお願いします^^
Posted by SR杉本 at 2011年10月22日 09:23
辛煮さん


ご丁寧にありがとうございます。


おーそうですか。それはそれは良かったです。また海で試された後報告してください。


そしてまたわからなければお気軽にどうぞ。


では。
Posted by 田地 悠平 at 2011年10月22日 18:15
玉やさん


書き込みありがとうございます。
ご質問の件ですが
わかります。


右足をノーズに向けることで腰がノーズに向き体を倒しておこなう右ターンをやりやすくなります。


フロントのボトムターンの事をかかれているのですよね。バックサイドですか。


まあバックサイドも同じで右足を進行方向にむけたらやりやすくなります。


ですがあまりむけすぎると板を踏みづらくなるんです。上達してくると後ろ足のインサイドエッジらへんに強烈に荷重していきます。


そのとき右つま先が前に向いていると踏みづらいんです。


ぎゃくにつま先が後ろに向いている逆ハの時のほうが踏みやすいんです。プロでもつま先が後ろに向いている人多いです。


太ももを内転させ落とし込むように使ってみてください。ただこの動き膝の内側の靭帯に負担がかかります。怪我などに充分留意して自己責任でおねがいします。


今の状態でボトムターンの感覚を掴み徐々に元に戻すという方法もありですね。


しばらくやってみて感覚を掴んでから戻すというのでも大丈夫だと思います。


そんなに難しくありませんので。
良い感じならそれで
ボトムターンの感覚を叩きこんでみてください。


またわからなければお聞きください。

Posted by 田地 悠平 at 2011年10月22日 18:22
SR杉本さん

書き込みありがとうございます。


早速ノーズ出ましたか。良かったです。鋭角にあがれたのですね。

前回もかきましたが鋭角に上げた分だけ返すのも難しくなります。

板の真上に乗ることを更に意識してがんばって取り組んでください。鋭角にあがるとトップターンで体を背中側に倒したい気持ちがおきます。

何とか体で返したいという気が出るからなんです。

逆に板に乗りこむように体を持って行ってください。その意識が必要です。


がんばって。
Posted by 田地 悠平 at 2011年10月22日 18:28
SR杉本さん


そうなんですか。そんな流れになってるんですか。それなら仕方ないですね。ボスの意見は絶対ですから。^^


SR杉本さんの板ってまだきたところですよね。じゃあしばらくはそれ乗ってても問題ないでしょう。


そのあとですね。じゃあ次発泡スチロールの板わたしが乗ってみます。以前乗った時ともしかしたら感覚変わってるかも知れないので。


それでまたレポートしますね。


Posted by 田地 悠平 at 2011年10月22日 18:31
逆に乗り込む感じですね^^

やってみます!
Posted by SR杉本 at 2011年10月23日 09:35
おお師匠がEPSに^^

ぜひレポートお待ちしております!

しばらくはこれで磨いていきます^^
Posted by SR杉本 at 2011年10月23日 09:36
SR杉本さん

ご丁寧にどうもです。

板から離れないように逆に近付くようなつもりのほうが良いです。イメージだと離れる感じですものね。ここで板に近づくとだいぶ違ってきます。


EPSまた報告しますね。


では。がんばって
Posted by 田地 悠平 at 2011年10月23日 09:45
楽しみにしています^^


がんばりまーす!!
Posted by SR杉本 at 2011年10月25日 17:43
SR杉本さん


がんばってください。
Posted by 田地 悠平 at 2011年11月02日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック