サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2015年08月01日

サーフィンは左右のターンのきりかえだが、それいじょうに大事なこと

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。


http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


サーフィンは右ターンと左ターンのくりかえしです


ターンとターンのあいだには
切り替えがあります


レールをきりかえがおこなわれます。
これが上手くいかなくて上達が止まっている人が
結構おられます。


先日も海に行って、フロントサイドのアップスをうまくやるひとをみました
このひとはボトム側のターンは上手いのですが
トップのターンがうまくありませんでした

重心がストリンガーをこえて
ターンの内側にはいってこなく
ボトムターンで
ターンの内側に入っていた重心が


きりかえのときに
ストリンガーを超えてくることがなく
ストリンガーのほぼ真上で
体がとまっていました


そしてそれを肩の開きで
ターンをしていました
本人は回っている感覚があるのですが


肩が回っている量ほどは
板が回らず
わずかにレールがはいるだけで
ほとんどターンができていない
状況でした

こういう状態の場合
思い切って体をターンの内側
つまり谷側にほおりだすように
体を運び
レールの切り替え
軸の切り替え感覚を知るという方法もあります


実際は体を内側に投げ出す方法はだめです
必要以上に入りすぎて
バランスを崩すからです


体軸はつねに
板の鉛直上を意識して
丁寧に切り替えることが大切です


体の放り出しは
あくまでも感覚をつかむためだと
こころえてください


サーフィンは本当に難しいです
初心者の頃は
足首がまがらず
おしりがかかと側におち
背中側のターンがとくいというかたも


うまくなってくるとフロントがうまくなり
その頃にはバックが苦手になります


両方揃うまでに結構時間がかかります。


また、さらにいうと
背中側のターンができていると錯覚してしまうひともいます
自分の欠点に気づかないまま
ずっとサーフィンしているひともいます


客観的に自分をみれるというだけでも全然ちがいますね


レールの切り替え
意識してみてください








■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ





posted by 田地 悠平 at 09:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする