サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2015年08月30日

サーフィンの全日本選手権を観戦して、パドルの大切さをあらためて

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html



チームメイトが県代表に選ばれ、全日本大会にでるというので応援をかねて
観戦に行ってきました。


残念ながら日程があわず友達の応援はできませんでしたが
ジュニアの予選を見ることができました。


この日は台風の影響でサイズがあり、見た目はほぼクローズ。
頭サイズもあるようなスープが次々と押し寄せ
全日本にでるようなすごい人達でも
パドルアウトに苦労するような状況でした。


大会はアウトスタートです。
終了5分前から次の選手たちがパドルアウトします。
で、終了したら、まもなく次の試合が始まるというスタイル。


ところが、あるヒートでは選手2人がインサイドのスープ地獄に捕まり、
沖に出れません。


結局5分以上かかり、2人がまだアウトに位置していないまま
スタートしました。


その後2人はなんとか沖についたのですが、
もうヘロヘロで、上手く波に乗れないような状態でした。


こいでもこいでもスープから脱出できず、
心が折れる経験は、みなさんもされていると思いますが、
このレベルでも、それがあるのだと、
あらためてパドルの大切さを知らされることになりました


立ってから、どんなにすごい技をくりだす技術をもっていたとしても
パドル力がないと沖に出れないと話になりませんし、テイクオフもできません。


あのような、ほぼクローズな波でパドルアウトするのは、
普通の人にはできないでしょう。あらためて
全日本にでるような人の凄さに驚かされました。


その中でも驚異的なパドルをもって簡単に沖に出て行く人もいました
ほんの少しの差が、巨大セットをブレイク前にかわすということになっていました。


サーフィンに行く機会は少なくなったが、なんとかパドルだけは
力を落とさないようにしないとなとあらためて思いました。


パドルの記事はあまり人気がなく
書いても読まれないので、書くのがおっくうになりますが
折に触れて書いていくようにしたいとおもいます


パドル、がんばりましょう。
11143479_849698861734159_3371257234093887353_n.jpg



■プロサーファーの動画を分析しています。よろしければ↓

https://www.facebook.com/hipbacker



■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker





にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ





posted by 田地 悠平 at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする