サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2008年01月31日

今月号のワールド

以下、1月30日発売の「サーフィンワールド」の記事を引用。

今月号のワールドもプロの写真満載で見ごたえたっぷりです。その中でも私がお奨めしたいのは、本の後半に載っているハワイ特集の大野マープロの写真です。

詳しく解説を読んでいないので断定出来ませんが、見開きの写真は多分パイプラインだと思います。テイクオフからストールしてバレルインの写真が掲載されています。

かねてよりマープロは徐々にバックフットになりつつあると書いてきました。この写真もばっちりです。

その写真とは一枚目のテイクオフ直後の写真です。切り立った壁に板のボトムがぴったりと張り付いています。後ろ足が曲がりその上に腰と上半身が乗っています。前足は伸びきっています。

あれほどの波ですが、完全にリラックスしていて、テール部分にはそれほど圧を掛けておらず、そーっと乗せているだけという感じがします。

あのようなテイクオフが出来れば、そのあとのアクションはギャランティーです。是非本を手にとられて、一読される事をお薦めします。

周りの視線はきになりますが、下りエスカレーターでは、なるべくこのポジションを練習しましょう。後ろ足と前足の荷重配分を色々変えながら、感じを掴んでください。

では。人気blogランキングへ
posted by 田地 悠平 at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。今月からメルマガ登録させて頂き、毎日読んでいます。宜しくお願いします。
前足で乗り前足でコントロールするものだと思い込み、12年後ろに乗った感覚がない重症患者で上手く板が回らない、、まさしく僕の事なんで、後スタイルを目指したく、今年から矯正しようと近いました。
文書で理解するのがなかなか難しいので実践してみますが、イマイチ、内容が掴めてない私です。 最初から読みたいのですが、最初に戻るボタンを押すと最新記事の294号に何故か戻るので294号から逆さに読んでます。
とにかく明日から実践努力してみます。京都なので、日本海が多いです。まさに今がシーズン。努力します。わからない事ばかりですから、またメールさせて頂きますね。
Posted by taka at 2014年01月14日 01:07
takaさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

メルマガ登録してくださったのですねありがとうございます。嬉しいです。
takaさんもそうでしたか、10年前のわたしと同じですね^^後ろに乗った感覚
わたしもなかったです(T-T)

文書だけだとむずかしいですね。もしわからないところがあればなんでもお聞きください。今まで乗ったことが
ないのなら
後ろに乗った瞬間おどろくかも知れませんよ。サーフィンが激変するかもです。楽しくなりますよきっと。

メルマガ最初に押すと294号がでますよね。どうやらそういう仕組みなようです。
でもですね、右側をみていただくと記事履歴というところが変化しています。
一番下にサンプル誌というのがあります。それが一番古い記事です。そこから読んでもらって
次へを押してもらう順に読み進めることができると思います

わからなかったら何でも聞いてください。滋賀県在住なのでお会いできることもできますので
いつでも声かけてください。
全部読んで、やっぱこれ違うわってことがなければですが^^

この度はありがとうございました。よろしくおねがいします。
Posted by 田地 悠平 at 2014年01月14日 02:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック