サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2008年05月11日

2人のサーファーとの食事会

先日ご紹介した、本田直之さんという方と食事をして来ました。

忙しい中からまず、自分の時間を天引きして自己投資しなさいという、教えを書かれている、レバレッジコンサルタントという肩書をもつ
ベストセラー作家です。

このブログがここまで続いているのは、読者の皆様と彼のおかげです。

自分の時間を天引きし、それをこのブログの執筆にあてることが出来たのです。

彼が著書の中で、紹介しているイチローの言葉があります。

「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道だ」

というものです。


日々ブログを書いているうちに気づけば、記事数も150を超えました。とんでもないところに行けるかどうか解りませんが、これからも継続していきたいと思います。

皆さまよろしくお願いします。

『最小の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)という本の著書の泉正人さんも、一緒でした。

お2人は会社を経営されており、複数の会社の取締役もされていて、更に営利目的ではない、海外で活躍する法人事業家を応援する団体もつくられ、海外の事業家を支えておられます。

その多忙の中でも自分の時間をしっかとられ、サーフィンもされていまる、スーパーマンです。

ブログを書くくらいで忙しいなど言っておられません。

彼らの本をもう一度見直し、効率化を図りたいと思います。


先日ブログで「レバレッジ・オーガナイザー」(東洋経済新報社)の使用感を紹介させて頂いたことが、今回著者の本田直之さんとお食事する
きっかけとなりました。

成功されたお2人のお話を聞けたのは、私にとって非常にためになりました。やはり、成功されている方というのは、とんでもないパワーを持っておられます。

さらに、彼ら二人はサーファーという事もあり、話にも花が咲きました。

私もブログで、中級者の方に私の知っている範囲で情報を提供しているという事を話したら、それは非常におもしろいと、お2人におっしゃって頂きました。

更に同席されていた、編集者の方にもおもしろいと言って頂き、リップサービスもあるので話半分とは思いますが、非常に嬉しかったです。

本を出版するという夢にも少し近づいたかも知れません。

その時に私はサーフィンの実力は、置いといて分析で勝負しているという話をしたら、サーフィンアナリストというのは面白いという事になり、今後はサーフィンアナリスト田地悠平という肩書で、行こうという事になりました。

泉さんの、本に登場するキャラクター「仕組み」君との、夢の共演も実現するかも知れません。

このアナリストを経て将来的には教授に昇格したいと思います。^^)

H2Bの基本姿勢で波にひたすらこつこつと乗り続ける事が、とんでもないところへ行くただひとつの道かも知れませんね。

では。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

人気blogランキングへ

posted by 田地 悠平 at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サーフィンアナリストの田地悠平さん、こんにちは。坂本です。本田さん、泉さん、佐藤さんがとても田地さんのブログを評価されていましたね。本を出版できるのも夢ではないと思います。本が出ましたら真っ先に購入したいと思います。ぜひ、私のサーフィンの参考書として読みたいです。私でよければ何か協力しますので今後ともよろしくお願いします。
Posted by 坂本貴男 at 2008年05月13日 08:23
坂本さん、こんにちわ。書き込みありがとうございます。

先日はありがとうございました。サーフィンの事しか書いていないマニアックなブログにご訪問いただき、さらに書き込みまでありがとうございます。

実はあの後しばらく興奮して、何も手につきませんでした。友人との会話も上の空でした。リップサービスを差し引いても、想定外の反応に驚き、そして天にも昇る勢いでした。

ベストセラー作家お2人とカリスマ編集者ですからね。

更に坂本さんの支えがあれば鬼に金棒です。テンションが高いうちに一気に夢に向かって進みたいと思います。

坂本さんがサーフィンを始めるときは是非私にサポートさせて下さい。私のブログはどちらかというと経験ある方を正しい方向に導くというものなので、初心者向きではありません。

でも、いちからこの方法を試せば遠回りしなくて良いかもしれないと思っているところです。

ですので是非私の研究分析対象になってください。

是非、よろしくお願いします。

次のステップに行く時ご相談させて頂きますのでよろしくお願いします。

書き込みありがとうございました。
Posted by 田地 悠平 at 2008年05月13日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック