サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2017年03月28日

サーフィンのパンピングはとても重要な動きだった

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


パンピングって
あまり使わないほうがいいとは
思うのだけど

バックフットサーフィンのトレーニングには
最適だと思っています

バックフットサーフィンは
後ろを
踏んで
ひきつけて
踏んで
ひきつけて
を繰り返すのを基本的な動きとしています

前足はこれに連動して
ひきつけて
伸ばして
ひきつけて
伸ばして
をやります

前足を踏む意識はあまりありません

リズムは後ろ足でとりましょう

この動きを練習できるのが
パンピングです

パンピングは波がたるくなってきたところで
かけます。

アウトからのってきました
途中深くなり
波が割れづらくなってきました

ここをしのげば
インサイドでまた波がはってきます

こういう場面で使うのがパンピングです
ここをのりきれば
インサイドまでいけるので
みながんばります

上級者は上手いですね
こういうのつなぎます

このパンピングの動きが
バックフッターのサーフィンと酷似している
というよりそのものなので
とてもいいとおもうのです
11143479_849698861734159_3371257234093887353_n.jpg
まず後ろを踏みます
踏むためには
腰が後ろにないとだめです
これ↓
R0017123.JPG
では踏めません

上の方の写真は後ろ足を踏んだ
直後です。
踏んだのでノーズがあがっていますね
それをじゃましないように前足をひきつけます
テールは沈んでいます

目一杯踏んだら
次は一気にひきつけます
後ろ足を抱え込むように
曲げます

そうすると
沈んだテールは
浮いてこようとします

そのとき
同時に前足を伸ばし
ノーズを下げます

テールが浮き上がるで
位置エネルギーをえることができました

さきほどより少し高い位置にいるイメージです
その高い位置から
したに落ちる
重力をつかって
加速を助けます

なんせ
たるい波はパワーがないので
こうやってエネルギーを得るしかないのです

少し前にすすみました
後ろ足はひきつけ
ノーズから着地します

するとまもなく
テールに重心が移動しますので
またそこで踏みます

いつまでもテールにいると
ずぼずぼと沈むだけです
それではだめですから
すかさず踏みます

この繰り返しが
パンピングです

実はこれに
左右のレールの
切り替えを加えたものが
サーフィンのターンです

サーフィンのターンは
前後左右に重心を動かしまくって
やるものです

その前後の移動を
体験するのに
ものすごくいいのが
このパンピングです

この動き
ぜひマスターしたいものです





#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/








posted by 田地 悠平 at 16:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

見事なまで基本に忠実なアップス

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html

昨日のブログの動画をもう一度
みましょう

ショルダーが張っていない波で
アップスをかけています

いっぱつトップターンをして
そのあとカットバックをして

波がたるくなってきて
つなぐために
アップスをします

波がたるく切り立ってないので
つま先側で踏んで
かかと側でも踏んで
加速しようとしています
いわゆるしごくという動きですが

こんな若い子が
両方のレールを使って
つま先側でも
かかと側でも
踏んだほうがよくねえ
って感じでやっていることに
感動すら覚えます

0:22から
つま先
かかとと
踏んで踏んでを繰り返し
スピードが出た時点で
カットバックをしています
0:29あたりです

カットバックに
自然に入れるのは
レール
フラット
レール
フラット
という流れを常にやっているからです

カットバックのときは
かかと側のレールを長く入れるだけなので
全部アップスの延長線上にあります

この動き
見ていると簡単そうに見えますが
かかと側のレールをしっかり
踏みながらこれだけ使える人ってのは
そうはいません

彼女はこのころから
それができていて
それをやりつづけて
やがてCT入りしたのです

私はもうこの感じのアップスはできますが、
もしできていないなら
この動画だけを
あながあくまでみて
この練習をしまくります

それほど
基本に忠実で
ものにしたい動画です

4拍子のアップス
ぜひものにしましょう






#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/








posted by 田地 悠平 at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

バックフットサーフィンの教科書的サーフィン

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


これくらいのパフォーマンスができれば
ビーチのヒーローですね

最高の教科書です
典型的なバックフットサーフィンで
まったく癖がなく
完璧なサーフィンをしています

かといって
決して難しいパフォーマンスを
しているわけではない

基本に忠実でうつくしい見事なサーフィンです
まずは
というか
これを最終目標としても
いいのではというくらい

中級者が
前足くんを脱却して
バックフッターになるために
最初に目指すところですね
ものすごくわかりやすいです

軸は前足の後方30センチ位のところにある

後ろ足を踏んだりひきつけたりして
サーフィンしています

見事なバックフットサーフィンです

レールの切り替えも見事ですね

0:14あたりからの
ボトムターン
切り替え
トップターンの流れは
最高です

スローでもみれますので
何度もみてください

トップターンの前半分から
完璧にレールがはいってる
切り替えが見事だからに
ほかなりません

ボトムで後ろ足を踏む
前に荷重が移動して斜面を上っていく
丁寧にレールを切り替えつつ
トップに入る前は
後ろ足が再び曲がり
前半から踏み伸ばしていきます

美しく
基本的です

4拍子のアップスです

ボトム
切り替え
トップ
切り替え

0:14からみてください

超トッププロのはすごすぎて
参考になりませんが

トッププロの幼少期のは
参考になります

ご存知だと思いますが
これは女子トッププロの
マリア マニュエル
です

ここから彼女のキャリアは
始まっています

まずはここを目指しましょう








#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/
posted by 田地 悠平 at 13:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする