サーフィンスクール机上で学ぶサーフィン上達法(中級者)

私にサーフィンを教えてくれた安宅のマー君におくります
20080301203209.jpg

2017年06月12日

サーフィンの前足荷重は頭の重さを使う

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html

サーフィンはオーリーだ

という記事をこの前に書いて
もう書くことないかなあと思うほど
充実しています

必見の記事ですので
まだお読みでない方は
ぜひお読みください

サーフィンはオーリーだ

そこでも触れていますが
私はこの動画が大好きで
もう何百回もみています

せっかくなので
その動画を使って
もうひとつ
気づいた点について書きますね



0:27あたりから見てください
もし可能なら設定で速度を0.25に落としてみてください
(youtubeのフレームの右下にある歯車マークをクリックすると
速度ってのがでてきます)

カットバックでリエントリーしたとたん
波が厚くなりおいて行かれそうになります

普通ならここで焦って
ほとんどの人が腰を前に移動します
ところがコロへさんはやりません

もちろん前に荷重しなければ
置いて行かれますが
彼は後ろにも荷重を残したいのです

で、彼はどうしたか
そうです
上半身を腰から折って
頭を下げます

頭は重いので
その重さが前足にかかります

腰を移動させることで
前に荷重できますが

テールから圧が抜けるので
テールをおしてくれる
わずかなパワーを逃してしまうのです

それを嫌がる彼は
上体をかぶせます
0:29
あたりです

その一瞬の動きで
見事にノーズを下げ
加速することができ
波に置かれることがなくなったので

彼は次のターンに備えて
テールに荷重します
両手を腰の後ろに回したような姿勢になる
0:30あたりです

そのあとは
波が再びできてくるので
後ろ足を踏んでひきつけて
のアップスで
波を進んでいきます

バックフッターは腰を前に移動しません
前に荷重したい時は
頭を下げるのです

これが
バックフッターの最大の特徴のひとつですね

こうしたいんだよな
わかるなあって感じです

荷重を前後に移動させるのは
フロントフッターも
バックフッターも同じですが
方法がこのように違います

どちらがいいってことはないですが
コロへさんはこうやっています

後ろに圧を感じる感じは
なかなかいいです

おためしあれ


#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/








posted by 田地 悠平 at 19:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

『サーフィンはオーリーだ』がよくわかる映像

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


サーフィンはオーリーだ
サーフィンは後ろ足だ
サーフィンはパンピングだ

ってずっと言ってきました
ふざけんなお前なめんなよプロでもないのに
といわれながらも

研究員としての分析に間違いないと思いながら
やってきました

ここにきて
やはり

冒頭の3つ

サーフィンはオーリーだ
サーフィンは後ろ足だ
サーフィンはパンピングだ

でまちがいないなあと
確信しました

どれも
前足の少し後ろ
20センチ位の位置を
支点に

後ろ足を踏んだり
抜いたりする動きです

大好きな動画があり
もう何百回も見ているのですが
ここにきてまた発見がありました
この動画です

0:15から始まる1本ですが
もし可能なら設定で速度を0.25に落としてみてください
(youtubeのフレームの右下にある歯車マークをクリックすると
速度ってのがでてきます)
テイクオフしたあと
後ろ足を踏むと同時に前足をひきつけ
完全にとんでいます

0:17では思い切りノーズがあがっています
オーリーの最初の動きですね

このままでは当然失速するので
コロへさんは
一気にノーズをさげます

踏んだ後ろ足を
ひきつけてノーズを一気に下に下げています

そして
次のオーリーです

今度はつま先側のレールが入っているので
オーリーすると
それがそのまま
ターンになっていきます

0:17で思い切り後ろ足を踏んでいます
それを使って体を上に引き上げています
一直線に体が伸び切っています
目線はもう次の左ターンに備えて
ボトムをみています

その直後前足を引きつけるように曲げます
ノーズは思い切りあがります

右つま先側後方のレールが入っています
これで右ターンは終了ですね

0:18では前足を伸ばし
ノーズをさげ
フラットな状態になりました
前足が伸びたので
後ろ足は曲がっています
左ターンで後ろ足を踏むための準備です

その直後後ろ足を踏んだので
今度は左ターンが始まり
ノーズが再びあがりました
後ろを踏んだので
前が曲がりました

曲がったので再び
ノーズを下げるため
前足に重心をかけました
叩きつけるように
板をフラットにおきました

これで一連の左右ターンがおわりました

そしてまたここから後ろ足を踏んで
とんでいきます

この波は小波なので
波にパワーがありません
なので
体のパワーをフルに使って
思い切り踏んだり抜いたりしています

下でも踏み
上でも踏むことで
加速させるのですね

この踏む動きが
まんまオーリーです
踏んで飛ぶと
少し上にあがります
上に上がると
位置エネルギーが高まります
重力を使って加速しやすくなるのですね
それもあるのかなあと思っています

これがサーフィンの全てではないかと
私は思っています

これにきづくために
ずっと研究してきたのではないかと

前足の少し後ろを支点にして
シーソーのように
前後に重心を移動していく
ターンするためにそれに左右を加えていく

ギッタンバッコンさせるのは
後ろ足の踏み込みとひきつけ
それに連動して前足をひきつけ伸ばす

波が小さいので忙しいですが
大きいとこれがゆっくりになる
でも基本的にはまったく同じ動き

バックフッターは
後ろ足を思い切り踏み込んでサーフィンします
私はバックフッターなので
後ろ足を踏みたくて踏みたくてしかたないです

支点と前足後ろ足の関係は
井戸のポンプです
17966915_1335083336529040_5998698320943730437_o.jpg
このハンドルの一番後ろの上に後ろ足
一番前に前足を乗せて
後ろを踏んだり
ひきつけたりするイメージです

コロへさんもそうやってると思います

下で踏んで
上で踏んで
踏むために
踏んだらすぐひきつけて
それに連動して
逆相関で
前足が曲がって伸びて
って感じでサーフィンをしています

後ろ足を
踏み伸ばしたいです^^

サーフィンはオーリーです


#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/








posted by 田地 悠平 at 07:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

サーフィンのパンピングはとても重要な動きだった

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

当ブログは、私の主観はいりまくりです。サーフィンの上達法について語っていますが完全な独学です。あってるかどうかもわからないので自己責任でお読みくださいませ。

はじめてのかたは、こちらを最初にお読みください。

http://surfingproduce.seesaa.net/article/172498383.html


パンピングって
あまり使わないほうがいいとは
思うのだけど

バックフットサーフィンのトレーニングには
最適だと思っています

バックフットサーフィンは
後ろを
踏んで
ひきつけて
踏んで
ひきつけて
を繰り返すのを基本的な動きとしています

前足はこれに連動して
ひきつけて
伸ばして
ひきつけて
伸ばして
をやります

前足を踏む意識はあまりありません

リズムは後ろ足でとりましょう

この動きを練習できるのが
パンピングです

パンピングは波がたるくなってきたところで
かけます。

アウトからのってきました
途中深くなり
波が割れづらくなってきました

ここをしのげば
インサイドでまた波がはってきます

こういう場面で使うのがパンピングです
ここをのりきれば
インサイドまでいけるので
みながんばります

上級者は上手いですね
こういうのつなぎます

このパンピングの動きが
バックフッターのサーフィンと酷似している
というよりそのものなので
とてもいいとおもうのです
11143479_849698861734159_3371257234093887353_n.jpg
まず後ろを踏みます
踏むためには
腰が後ろにないとだめです
これ↓
R0017123.JPG
では踏めません

上の方の写真は後ろ足を踏んだ
直後です。
踏んだのでノーズがあがっていますね
それをじゃましないように前足をひきつけます
テールは沈んでいます

目一杯踏んだら
次は一気にひきつけます
後ろ足を抱え込むように
曲げます

そうすると
沈んだテールは
浮いてこようとします

そのとき
同時に前足を伸ばし
ノーズを下げます

テールが浮き上がるで
位置エネルギーをえることができました

さきほどより少し高い位置にいるイメージです
その高い位置から
したに落ちる
重力をつかって
加速を助けます

なんせ
たるい波はパワーがないので
こうやってエネルギーを得るしかないのです

少し前にすすみました
後ろ足はひきつけ
ノーズから着地します

するとまもなく
テールに重心が移動しますので
またそこで踏みます

いつまでもテールにいると
ずぼずぼと沈むだけです
それではだめですから
すかさず踏みます

この繰り返しが
パンピングです

実はこれに
左右のレールの
切り替えを加えたものが
サーフィンのターンです

サーフィンのターンは
前後左右に重心を動かしまくって
やるものです

その前後の移動を
体験するのに
ものすごくいいのが
このパンピングです

この動き
ぜひマスターしたいものです





#他のメディアでも↓サーフィンのこと書いているのでぜひごらんください

■初心者用ブログ
http://ameblo.jp/sturf417/

■無料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000249855.html

■ツイッター
https://twitter.com/backfootschool

■フェースブック
http://www.facebook.com/hipbacker

■インスタグラム
インスタ始めました。よろしければフォローをば
https://www.instagram.com/misao_k/








posted by 田地 悠平 at 16:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする